クーロンの法則-定義、概念、およびそれが何であるか

物理学では、クーロンの法則を使用して、静止している2つの電荷間の力を計算します。それは電気と磁気の分野における基本法則です。同時に、それはニュートンによって発表された別の重力の法則と完全に関連しています。

法律の声明とその意味

その仮定は次のとおりです。2つの異なる電荷間に加えられる力は、両方の電荷の乗算に比例し、同時に、それらを分離する距離の2乗に反比例します。

クーロンの法則の定式化は、同じ符号の2つの電荷がある場合、それらは互いに反発する、つまり離れることを意味します。逆に、符号の異なる2つの電荷がある場合、両方が引き付けられます。このように、引力または反発力は、電荷の強さと2つの間の距離という2つの要因に依存します。

クーロンの法則は、均質で等方性の特定の参照フレーム内の静止電荷にのみ適用されることに注意してください(媒体が均質であるためには、その部分のいずれかで同じ特性を持っている必要があり、等方性であるためには、プロパティは測定方向に依存しません)。

18世紀と電気

電気は、陽子と電子の2つの粒子間の相互作用に関連する物理現象です。両者の間に存在する魅力は、あらゆる現象を説明することを可能にします。この意味で、18世紀半ばにかけて、科学者のベンジャミンフランクリンは、嵐からの雷が実際には自然界の電気の一種であることを示しました。

フランスの物理学者シャルル・クーロン(1736-1806)は、電気力を定量化した最初の科学者であり、得られた結果は彼の名を冠した法律に反映されました。この法則は、電磁気学と静電気学の基本原理と見なされています。

18世紀を通じて、電気に関連するあらゆる種類の理論的および実用的な進歩がありました。最初の電気コンデンサ、避雷針の発明、または電荷間の力を正確に測定するためのクーロン自身の発明です。これらおよび他の多くの進歩は、産業革命の発展の基盤として役立ちました。

電荷の強さを正確に決定するためのクーロンの発明はねじり天秤として知られており、彼の電荷の単位はクーロンと呼ばれます(クーロンは1秒間に1アンペアの電流によって運ばれる電荷の量です)。

写真:Fotolia-久野