不道徳の定義

不道徳という用語は、道徳と良い習慣に反するすべてのものを指すために使用され、個人またはグループの側に道徳がないことを指し、それを証明する何らかの行動または症状によって現れます。「不道徳にならないでください、もう少し服を着てください、あなたはそのようにミサに自分自身を提示することはできません、事実上服なしで、それは対応しない行動です。」

反対であるか、道徳に欠けているもの

一方、道徳、個人または社会集団が維持し、行動のガイドとして機能する一連の信念、価値観、習慣、規範と呼ばれます。つまり、道徳は、正しい行動について人間に導くものです。それどころかそうではなく、したがって悪いもの。道徳についての信念は一般化されており、文化や社会集団にもコード化されています。

道徳:人間の行動を導く一連の信念と習慣

また、道徳は、コミュニティが何が起こっても尊重することに同意するという宗教的および倫理的原則によって識別されます。

次に、道徳の概念のすぐ隣に、他の2つが出現します。これらは、それぞれ独自の方法で、道徳の概念の反意語の役割を果たします。

一方では、私たちは不道徳、このラウンドで私たちに関係し、彼ら自身の道徳に違反する、またはそれを怠った、それが属する社会またはグループの道徳に違反する行動、個人または行動を想定する概念を見つけます。

もちろん、グループや所属するコミュニティのルールを尊重する人の目には、同じ尊重のガイドラインに従わない人は、正しく行動しないことに対して不道徳であると見なされます。

何かまたは不道徳な人は、倫理的な基準または条件がないこと、つまり、善に関連する一連の確立された原則がないことで際立っています。

不道徳:非難される行動

不道徳は、倫理の観点から罰せられる行動であり、不道徳な行為や不道徳な行動をとる人々の非難が絶対にインストールされているため、社会のほとんどによって非難されることもあります。

社会は、何が正しく何が間違っているかを示すガイドラインを通じて構築されており、たとえば、この点で側に立って人を認定したり、彼らが構成する社会の従来のガイドラインと矛盾する場合は不道徳として行動することができます。

倫理と、道徳的および不道徳なものを決定する際のその影響

倫理は、何が良いのか、何が社会にとって望ましいのか、そしてそれをそうでないものと区別する、さらには不道徳で社会を酔わせるという問題に長い間取り組んできた哲学の一部です。

人類は古くから、何が正しいのか、何が間違っているのか、何をすべきか、何を避けるべきかを考えてきたため、さまざまな文化や宗教で問題が解決し始めました。このように、哲学はこの問題を解明し、この問題で人間を助ける定義を進めることに焦点を当てています。

見た目のほとんどは、人々にとって有益なことは道徳に従うことであり、問​​題や対立を生み出すことは反対の状況を生み出すことになるという結論に達し、同意しました。

一方、すぐに道徳的、不道徳とリンクされている他の概念は、そのあるエッチ、これは、正常に不道徳で、2が正しくない用途でそうではない負担するとして、どのように異なるかを強調するために必要であることと混同されているので。

道徳という用語は、道徳を欠いている人々を指します。したがって、彼らは自分自身または他の人々の行動を悪いまたは良い、または正しいまたは間違っていると判断せず、良いまたは悪い道徳を直接信じません。

一方で、その概念は通常、セクシュアリティに関連しており、それが明示的に表されていることや、人々が正しく行動し、展示会がなくても安心して実行できる公共の場所であることが無視できません。私はすでにプライバシーが守られているときはピアセレ。

不道徳に関連するいくつかの用語は次のとおりです。卑猥、不正直、違法、不謹慎、謙虚、淫ら、猥褻、恥知らず、欲望、反対の概念は、前述の道徳的、正直、そして高潔です。