社会正義の定義

社会正義は、特定の場所の社会集団の間で不平等と排除が生じる状況を解決するという使命を持った一連の政策で構成されています。使命は、彼らを通して、社会的脆弱性の状況を克服または脱出する人々になるのを助けるサービスを提供することによって、国家が存在することです。

各国には、社会正義の欠如によって影響を受ける敏感な分野を知ることを可能にする統計ツールがあります。したがって、問題を効果的に解決するために、前述の支援努力をそこに向けるべきです。第一に、影響を受けた人々に補助金が提供されるかもしれませんが、理想は、個人の尊厳と自由を保証する仕事の開発を含む別の政策にこの政策を伴うことであることを強調しなければなりません。

社会的闘争のメカニズムとしての抗議

国家が社会正義を保証し促進するために世話をしないときに社会正義を効果的にすることに関して世界で最も普及している方法は、通常通りや応答が得られない公共の場で人気のある抗議です。

コンセプトの起源

社会正義の概念は、社会正義が普及している社会では、そこに住む個人の人権が存在するため、社会正義の公平な分配を達成する必要性の結果として19世紀半ばに出現した概念です。彼らが尊重され、最も脆弱な社会的階級が発展の機会を持つことになるでしょう

社会正義は、市場やその他の社会メカニズムで生じる不平等を補償するという国家側のコミットメントで構成されています。関係当局は、社会正義が普及するこのシナリオが事実であり、たとえば、すべての市民が経済的に発展する同じ機会を持つように、いくつかの問題を保証し、いくつかの条件を促進する必要があるものです。億万長者と多くの、多くの貧しい人々。

たとえば、社会の30%が月額40万ペソの収入を受け取り、残りの70%が逆に月額1,200ドルしか受け取らない場合、この場合、社会正義はありません。

一方、社会正義のこの問題に直面したとき、さまざまな思考の流れがさまざまな代替案を提案します。

自由主義と社会主義の提案は解決策で反対されています

リベラリズムは、機会が発生した場合、民間の取り組みが保護されている場合は、社会正義が可能と主張しています。その一部として、社会主義とほとんどの左派の提案は、社会正義を達成するための国家の介入を提案している。ご覧のとおり、どちらの提案も完全に矛盾しています。

要するに、提案が少ないほど、市民に優れた生活の質を提供する国は、社会正義を促進し、もちろんそれを達成する国であるということです。富の再分配に重点を置く必要があります。これは、たとえば2つの社会セクター間を引っ張らないようにするために絶対的に公平です。不平等と不平等は、より多くを持っていてそれを失いたくない人々と、より少なくてより多くを達成したい人々との間の暴力と社会的対立を常に促進します。

世界社会正義の日

多くの国際機関やNGOは特に社会正義の問題に関心を持っているため、世界の多くの地域でボイコットされ、国連でさえ毎年2月20日である社会正義の国際デーを設立することを決定しました。この問題について世界レベルで意識を高め、あらゆる意味で人間の尊厳、雇用、平等、幸福と発展を高めることを目的とした行動を促進することが求められている日付。