原因の定義

原因は、特定の状況の基礎または始まりであると理解されています。原因は、その必要な結果である特定のイベントまたは状況が発生する最初のインスタンスであり、したがって、他の原因の存在から、または同じであるが異なるコンテキストから生じるものとは完全に異なる可能性があります。原因は、イデオロギーが採用され、開発、奨励、または保護しようとする教義として理解することもできます(たとえば、環境への配慮の原因)。最後に、原因という用語は、司法の分野では、特定の犯罪または犯罪の前に開始されるプロセスを指すために使用されます。

後続の出来事の連続に責任があるインスタンスとしての原因の概念に自分自身を制限する場合、私たちの現実の一部である現象は、そのような理由であるかどうかに関係なく、常に特定の理由で発生することを意味することを追加する必要があります知っているかどうか。これが、私たちの現実の状況、出来事、兆候、現象が相互に関連し、相互にリンクされ、それらのいずれも独立して、または明白な理由なしに生成できない理由です。

私たちの世界の因果関係の法則は、いくつかの原因が組織化された階層的かつ論理的な方法で発生する可能性がある一方で、他の原因は簡単に測定できない事故または自発的な状況によって発生する可能性があることを確立しています。因果関係の法則により、人間は特定の分析可能なパラメータを確立できますが、私たちの現実のすべてのプロセスと現象が人間の心にとって理解可能または境界設定できるわけではありません。原因と結果の概念は、自然科学(物理学、生物学、化学)、数学、論理学、工学、歴史などの社会科学、心理学、社会学など、さまざまな研究分野に適用できますが、それらの中で、因果的区切りは必ずしも一方向ではありません。