営業費用の定義

事業活動では、一連の費用が発生します。会計の観点から、営業費用は、会社の管理活動およびその製品またはサービスの販売に関連するすべての支出です。

営業費用の種類とその会計上の利益

営業費用は、販売費と管理費に分けられます。最初のケースでは、会社の製品を販売することを目的としたすべてのアクションを指し、広告、給与、営業担当者の手数料、または輸送などの費用で構成されます。管理費は、事務機器の減価償却費、賃貸料、水道、電気、電話、事務用品で構成されています。

運営費の効用に関しては、2つの側面を強調する必要があります

1)会社の会計の現実を知ることを可能にし、

2)翌年または会計サイクルの予算を準備できるようにします。

会社の予算内の運営費

予算を立てるときは、販売、生産、人件費、原材料費、運営費など、一連の側面または会計項目を区別する必要があります。

まず第一に、運営費を他の種類の一般的な費用、例えば生産費と混同してはならないことに注意する必要があります。

営業費用の予算は概算であり、前年度の情報に基づいています。

固定販売費については、常に残っているものに予算を組んでいます。一方、販売量(商品の梱包材や販売者の手数料など)に論理的に依存するため、変動する販売費が発生します。

事業活動における費用と収入の種類

商業、サービス、産業を問わず、企業には一連の費用と収入があります。前者については、運営費のセットを構成する管理費と販売費がありますが、間接製造などの購入費や財務費なども考慮する必要があります。収入のセクションでは、経済的な性質のもの、投資または配当または購入割引からの収入が際立っています。

写真:iStock-kei_gokei / stevecoleimages