神経科学の定義

神経科学はさまざまな分野を網羅する科学分野であるため、この用語は複数形で使用されることがあります。神経科学者は、神経系を構成するさまざまな側面、つまりその構造、機能、病理学、分子基盤を調査します。同様に、この分野では、人間の脳のさまざまな次元間の既存の相互作用が分析されます。これは、それらすべてが行動の生物学的基盤を理解するのに役立つためです。

神経科学は、神経を意味するギリシャ語のneurosに由来します。神経学、神経心理学、神経症またはニューロンという用語も、とりわけそれから派生しています。

脳器官は非常に複雑で豊かであり、解剖学的問題とは関係がなく、学習や言語などのスキルの発達とも関係がないため、神経科学は非常に幅広い科学分野であり、サブに分類されます。脳のこれらの機能または特殊性のそれぞれに特に特化した科学または科学分野。

神経系の構造と機能

構造的な観点から、神経科学者は脳を構成する葉の研究に焦点を合わせています。前頭前野、後頭葉、側頭葉の3つの葉があります。それらのそれぞれは、異なる脳機能に責任があります。

葉とは別に、神経系には海馬、視床下部、嗅球などの一連の器官も含まれています。一部の機能(嗅覚や認知など)では、さまざまな脳構造の介入が必要です。

脳の分子基盤

神経化学的およびホルモンの変化は神経系で起こります。これらの変更は、分子ベースのセクションに統合されています。このようにして、神経科学者は、動機付けに関連して、またはうつ病の状況で発生する化学反応を研究できます(うつ病の人は通常、神経伝達物質に影響を与える化学反応に何らかの欠陥があります)。

神経科学は、明らかにはるかに不安定な方法ではありますが、太古の昔から人間が知っていて実行してきた現象です。神経科学は現代において多くの進歩を遂げており、これにより、以前は克服できなかった病気の治療が、多発性硬化症、アルツハイマー病、パーキンソン病などの場合に、それらに苦しむ患者の生活の質に実際の影響を与えることができました。それは人間の中枢神経系と関係があります。

アルツハイマー病や統合失調症などの病理学も神経科学で研究されています

特定の精神障害は、脳の構造と神経化学的活動を分析することによってのみ理解されます。アルツハイマー病の場合、アセチルコリンが不足しています。統合失調症には一連の化学的変化があり、最も重要なものは、神経細胞の接続を促進する化学物質であるドーパミン、ノルエピネフリン、セロトニンに関連しています。

神経科学およびその他の関連分野

近年、脳の知識はあらゆる分野に投影されています。ビジネスの分野ではニューロマーケティングがあり、メンタルリラクゼーションの世界では新しいテクニックが際立っています。