農業生産の定義

農業生産の概念は、経済学の分野で、農業などの活動が生み出すことができる製品の種類と利益を指すために使用される概念です。農業、つまり穀物、穀物、野菜の栽培は、人間の生存にとって主要かつ最も重要な活動の1つであり、そのため、その生産は常に地球の大多数の地域の経済の関連部分です。 、技術や収益性がどれほど進んでいるかに関係なく。

農業生産とは、小麦やとうもろこしなどの穀物、じゃがいもなどの野菜、にんじん、イチゴやりんごなどの果物など、農業活動(農業)の結果であるすべてのものを指します。これらの製品はすべて農業活動の一部であり、食品として非常に高い割合で使用されていますが、さまざまな産業(香水、衣料、衛生など)で他の用途も見られます。

農業生産は、その地域で働く人々が収入や利益について考えるときに考慮しなければならない変数です。これは、自然の循環と栽培される製品、そして多くの場合何年もの仕事を失う可能性のある気候要因を知って、農業生産を適切な方法で管理および組織化する必要があるためです。さらに、適切なスペースですでに入手した製品の保管など、それらの製品が損なわれない要素も考慮する必要があります。最後に、農業生産が利益を生むためには、起業家に何らかの利益を生み出すために、行われた投資を回収し、それを超えることが可能でなければなりません。