語用論の定義

言語研究は、コミュニケーション能力が人間の大きな強みの1つであり、個人の人間性の明確な例であるため、人間をよりよく理解するのに役立ちます。人間の精神的な性質とつながる能力。言語哲学は、この研究対象を直接研究する分野であり、言語学の一分野である語用論など、より具体的な分野もあります。コミュニケーションと言語の価値を深めるには、文の意味自体には価値がないが、そのメッセージの文脈を参照することでよりよく理解できるように指定することが重要です。

コミュニケーションに関与するコンポーネントとエージェントを分析する方法

要するに、語用論は、送信者と受信者の間の対人コミュニケーションプロセスにおける言語の使用を管理する一般的な規則を研究します。このようにして、送信者が受信者にメッセージを送信する意図だけでなく、受信者が文を解釈することも考慮されます。この観点から、文の意味をよりよく理解するには、他の言語外の要素を参照することが不可欠です。同じメッセージは、それが発生するコンテキストに応じて、1つの解釈または別の解釈を持つことができます。

メッセージの表現に影響を与える要因

メッセージの解釈に価値を付加する概念は、送信者(メッセージを送信する人)、受信者(メッセージを受信する人)、メッセージが表現されるコミュニケーションの意図、そのメッセージが生成される言語コンテキストです。具体的な状況。日常会話を解釈する際に、これらすべての要素を考慮に入れていないことが多く、誤解を招きます。

対話の誤解に関する伝統的な「壊れた電話」

たとえば、聞き手から受け取ったメッセージを急いでいて、そのコミュニケーションに十分注意を払っていなかったために、メッセージをそのまま聞いていないという誤解を招くことがありました。聞くことと聞くことには大きな違いがあります。コミュニケーションで起こりうるもう1つのエラーは、検証されていない特定の個人的な仮定を仮定することです。

要するに、語用論は、メッセージの価値を深めるために、文の文字通りの解釈を超えて、上記のすべての側面を評価しなければならないことを示しています。