キネセシア(キネセシア)-定義、概念、およびそれが何であるか

kinestesiaまたはcinestesiaはより具体的には、環境に関連した動きの認識に関連したカバーの動きの科学です。

いつでも、私たちは自分がどこにいるのか、そして静止時と移動中の両方で、空間内の体のあらゆる部分の正確な位置を認識することができるかもしれません。

したがって、スポーツなどの特定の活動中に、ジャンプなどのアクションを実行するアスリートは、腕や脚がどこにあるか、そしてそれらを見なくても目標を達成するように指示する場所を正確に知ることができます。

この知識は、筋肉、腱、関節、さらには脳によって実行される内臓などの深層構造に由来する一連の受容体に由来する情報の解釈に由来します。この運動感覚情報は、動きの調整とバランスを実現するために非常に重要です。

運動感覚と固有受容感覚は2つの異なる概念です

運動感覚はしばしば固有受容と混同されます。以上説明したように、ワード運動覚は、移動中の空間的位置を指しながら、我々は固有受容について話すとき、我々はすべて、ならびに空間におけるその部分の各々として、本体の位置の知識をかなり参照します

固有受容感覚は、圧力、摩擦、温度、さらには筋肉の収縮の程度などの刺激によって活性化される一連の複雑な受容体によって脳に継続的に送信される情報から得られます。

固有受容感覚の概念を理解する簡単な方法は、非常に素早く運動することです。目を閉じると、見ていなくても、間違いなく体の構造に手を向けることができます。これは、私たちの脳はそれがどこにあるかを正確に知っているので、私たちがそれに到達することを可能にする経路をたどるように私たちの手に指示を与えます。

幻肢

切断された患者は、足を失った手足がまだ存在しているかのように感じ、知覚し、位置を特定できる場合があり、これらの領域に痛みが現れることさえあります。

これは、切り株(切断された手足の端)にある神経終末の病変が異常な情報を脳に送信し、除去された構造がまだ存在していると解釈させるためです。

この障害は、完全に消失するように治療することができます。

写真:iStock-cosmin4000 / Johnny Greig