正直の定義

確率という用語はラテン語のprobitasに由来します。これは、精神の良さと正直さを意味し、名誉と同義です。誠実さは、法律の尊重、社会規範、そして道徳の個々の概念に基づいていると言えます。

確率とは、行動の誠実さ、正直さ、公正さを示すことを指します。したがって、誠実さの価値は、日常生活、仕事の活動、人間関係全般に適用できます。

管理上の誠実さ

公的機能の行使では、行政の完全性の概念が使用されます。したがって、誰かが職務の遂行において完璧に行動する場合、彼らは誠実さの原則に従って行動しています。言い換えれば、彼は法律を遵守し、正直に行動する人です。

公益の可能性は、特定の職務の遂行に対する個人の関心ではなく、一般的な関心と奉仕の態度に基づいています。

行政の分野では、公民道徳としての誠実さに触発された法律が制定されました。これらの種類の法律は、行政の透明性を促進し、行政に何らかの機能を持つ人々による責任ある行動を促進することを目的としています。このために、適切な制御システムと手順が確立されています。

品質としての誠実さは、私たちが腐敗と戦うことを可能にする要素です。実際、政権で働く正直な個人は、汚職計画の付属品にはなり得ませんでした。

誠実さを向上させるために何ができますか?

この質問に直面して、さまざまな答えがあります。まず、私たちの個々の道徳的側面が私たちに何をすべきかを教えてくれるからです。第二に、立派な行動は私たちが自分自身について気分が良くなることを可能にするからです。第三に、規則や法律を遵守することは、社会全体の共存を改善する方法だからです。

仕事の遂行における正直さの欠如

労働法には、労働者の誠実さの欠如という概念が含まれています。それは、不正な方法でそれらの機能を実行し、雇用契約で確立された条件と矛盾することで構成されています。

写真:Fotolia-サマントニオ/ angryputos