民主主義の定義

民主主義は、人口に権力を置くことを特徴とする政府の形態です。このアプローチは、社会集団がとる指示が多数派の意志に基づいていることを意味します。語源の観点から、民主主義という言葉はギリシャ語のフォルマントで構成されています。これは「政府」と「人々」を意味します。

この形態の政府は、全体主義(ファシズムやナチズムなど)や独裁とは異なります

これらの場合、市民社会、つまり市民一般とその決定は、統治する人々によって吸収されます。すべての権力は政府の手に委ねられており、市民は表現の自由の権利を持っていません。共産主義はまた、民主主義の仮説に反する政府の明確な例です。

最も一般的な意見は、民主主義はギリシャ文明によって作成または開始されたというものですが、過去の部族組織ではこのシステムがすでに機能していたと断言する人もいます。ギリシャ人の間で観察された民主主義は、奴隷と女性を除外した程度まで、排他的であったことも事実です。

現在、民主主義に関しては、通常、その「代表的な」変種が参照されます。この変種では、人々は、限られた期間、選挙権を通じて統治者を選出します。

民主主義は国民の力であるが、代議制民主主義では、投票による選挙を除いて、市民は他に割り当てられた役割があまり多くないという考えがしばしば疑問視されます。

しかし、「直接」と呼ばれる別のタイプの民主主義もあります。これは、各当事者が参加でき、代表者がいない場合です。これは、従うべき決議がコンセンサスによって直接決定されるものであるためです。現在、この種の組織化は大規模には不可能です。民主主義のもう一つの形態は「参加型」と呼ばれ、この意味で、「代表」と「直接」の中間の選択肢を検討しようとします。

参加型民主主義では、その名前が示すように、人々は法律の適用に参加するように割り当てられ、薬物の非犯罪化や新しい法的枠組みの実施など、国益の問題に関する議論に参加します。通信メディアの問題で。「直接」のように、この形態の民主主義はまだピークを享受しておらず、そうでない場合は、投票だけでなく「声」も市民に与えるという統治者の真の意図と多くの関係があります。表現、意見、思考の自由に対する権利を行使すること。

民主主義と共和国の間の混乱は、多くの人々に容易に認識され、概念は著しく異なります

すでに述べたように、民主主義の背後にある考え方は、権威は人々にあるということです。代わりに、共和国とは、権力分立によって統治されている政府を指します。この区別により、共和国は必ずしも民主主義ではないと結論付けることができます。

現在、民主主義政府は、権威の地位を目指すさまざまなグループのイデオロギーの違いに対処するための最も合理的な方法です。したがって、正しい民主主義の文化では、違いは共通の基準、つまり人々を力の源泉にする基準に含まれています。

世界中で強力に擁護されている政府の一形態としての民主主義は、いわゆる人権を認め、宣言しているいわゆる「国際社会」の社会にふさわしい唯一のものです。このため、民主主義と市民参加は、さまざまな国に本部を置き、グローバルレベルで運営されているデモクラシーナウなどの多くのサードセクター組織(「非政府組織」またはNGOとして知られている)の闘争と動員の対象です。 。

写真2、3:iStock-Lalocracio