母性の定義

母性は、一部の女性が子供を出産するときに人生のある時点で経験する個人的な経験です。母性は、子供が到着した後、人生の優先順位が変わった母親の人生のターニングポイントを示しています。

この変化は、この事実の重要性に加えて、小さな子供を世話する責任によって生み出されます。幼い頃から家族を作りたいとはっきりと思っている人がいます。

そして、子供を持つという夢を実現できない場合、彼らはとても親密で職業的な可能性への扉を閉めることによって一種の悲しみのプロセスを実行する必要があります。

母性本能は普遍的ではありません

人生のどの時点でもこの母親の本能を経験しない女性もいます。一人一人が個性的で再現性がないため、幸せにつながるさまざまな道があります。

母性は見習いです。つまり、一人称でこの経験を経験し、自分自身のための時間が少ない新しい責任の段階を開始するまで、女性は母親であることが何を意味するのかを発見しません。

母性は年齢を超えた体験です。つまり、母と子の間に存在する絆は、母親が成長して自分で決断できる場合でも、母親が常に子供に対して抱く保護本能によって特徴付けられます。

すべての母親が子供に対して感じる無条件の寛大で無限の愛によって特徴付けられる保護本能。この無条件の受け入れと世話を通して子供の自尊心を育むのは無私の愛についてです。

保護本能

母と子の関係も時間とともに進化します。子供は母親を理想化しますが、思春期の若者はより長い距離をマークする傾向があり、友人のグループへの統合を求めて、より多くの自分のスペースを求める自己発見の段階を経験します。

母性は、一部の女性が生きる人生の経験ですが、女性はすべての本質を母性に還元するべきではありません。たとえば、友情を維持する習慣を強化することが重要です。