価値の定義

価値とは、物事、出来事、または人々に、それぞれの場合に適切な倫理的または美的見積もりを与える品質であり、正または負の場合があります

哲学の分野で非常に重要で広く研究されている質問であるため、その中には、その事例と研究のみを扱うブランチがあります。それは、価値論です。基本的に、これは問題の価値の性質と本質を扱います。

その性質に関して、理想主義と唯物論の哲学的な流れは、互いによく対立する2つの質問を提案します。理想主義には2つの立場があります。一方、客観的理想主義は、価値は人や物の外にあると信じていますが、主観的理想主義の場合、私たちは人々の良心に価値を見いだすことができます。

そして、その一部である唯物論は、価値の本質が存在し、世界を客観的に評価する各人間の能力に依存すると考えています。

一方、値は、人々が示す道徳的特徴の完全なアイデアを私たちに与えるためにも使用されます。最も優れた価値観の中で、そしてほとんどの人が個人的な目標として達成しようとしていることの中で、私たちは責任、謙虚さ、連帯と信心深さを引用することができます。

さらに、各人間が成長し、生活し、他の人間と共存する社会やコミュニティの価値観は、通常、どのような行動や態度に従うべきか、そしてそれらが内部の幸せな共存を損なうためにどの行動や態度を脇に置くべきかを教えるために使用されます社会または彼らは私たちの隣人の開発に広く有害であるため。

家庭や学校では、多くの場合、価値観は社会的関係の例として使用され、子供たちは常に相手を尊重して行動することを学びます。確かに、誰かが上で引用した価値観のいずれかと一貫して行動するとき、その人は価値観を持っていると言われます。それらについての社会的慣習のこの質問のために、価値観もまた、社会的慣習の結果として生じた後に文化が共有するという最も重要な信念であると言われています。

これから、各社会に普及している有名な価値観が浮かび上がり、最もポジティブなものから最もネガティブなものへと変化する価値観が提案されます。