アサーションの定義

何かまたは誰かについてなされた肯定

アサーションは、誰かが何かをアサーションしたものであることが判明しました

ある意味では、アサーションは単なる肯定ではありませんが、それは問題の質問についての明確な肯定を意味するため、つまり、主張を行う人は誰でも安全にそして事実の完全な知識を持って何かを肯定しています。事実が引き起こされます言及されている現実によって。

一方、はい、ちなみにスペイン語で最も頻繁に使用される単語の1つであることが判明しましたが、正式には、このメインに加えて、質問への回答として通常使用される肯定の副詞です。機能、それは特別な活力で何かを肯定する必要があるとき、つまりカテゴリー的な方法で繰り返し使用されるので、疑いの余地はありません。たとえば、「ローラがパーティーのために着ていたドレスは醜いものでした。アサーションを参照する非常に人気のあるフレーズの他の例は次のとおりです。準備ができている、本当に、確かにそうです、もちろん、完了、コピー、肯定、解決などがあります。

肯定の同義語

ほとんどの場合、アサーションという用語は肯定の同義語として使用されますが、肯定とは、このステートメントまたはそのステートメントが有効であることを表現するときに、絶対的かつ完全な同意とコミットメントを付与する行為です。肯定は常に知識を明らかにしますが、その理由ではなく、肯定されていることは、たとえそれが非常に自信を持って行われたとしても、真実でなければなりません。保証されていることが実際には真実ではない場合があります。

したがって、これは明確にするために非常に重要です。何かについての誰かの主張は、必ずしも彼らが主張することが真実であり、真実であると見なされるべきであることを意味するわけではありません。

科学に非常に存在する

アサーションは、誰かが行うことについてのステートメントです。たとえば、あるトピックの学生がその質問について調査を行い、分析から得られたさまざまな質問を主張するレポートを作成します。しかし、他の同僚がデータを提案することによって彼らの主張に矛盾したり否定したりする可能性があり、次に、問題の科学者は彼らの研究で収集した情報と証拠を彼らの主張を主張する前に置くかもしれません。

一方、この主張とそれに対応する証拠との比較から、2つのどちらが問題の真実に近いかを知ることが可能になります。

主張は確かに科学的環境で、そして研究と発見の要請で一般的です。しかしもちろん、前に述べたように、それらは有効で正しい可能性がありますが、そうではありません。

基本的に、科学は、経験的に正確に対比できるさまざまな主張で構成される分野です。そしてそれはまさに科学者があらゆる段階で行う仕事です。彼らは研究を行い、それらの多くは後でそれについての声明を出すことを可能にするテストを伴います。

そしてもちろん、同僚が意見を異にし、何かを知るための別の方法を提案しているという事実もあり得ます。

そして日常生活でも

私たちの日常生活の中で、さまざまな状況、トピック、人々について多くの発言があります。つまり、その発言は誰にとっても非常に一般的なものであり、周囲の人々との会話と密接に関連しています...」 7番目はエレベーターのドアを開いたままにしたものです」; いくつか例を挙げると、「この八百屋は毎週価格を上げています」。

反対の概念は、何かが存在しないこと、またはそれが信憑性に欠けていることを示すために使用される否定の概念です。