習慣の定義

習慣は、体系的な方法で時間の経過とともに繰り返される行動と呼ばれます。習慣は単なる思いやりのある行動ではなく、それを示す個人の生活と混同される程度の規則性でなければならないことは明らかです。ひいては、僧侶の生き方はしばしば習慣と呼ばれます。

すべての人々は、さまざまな活動の成功と失敗を判断するまで、自分たちの生活に大きな影響を与える一連の習慣を根付いています。そのため、組み込まれている繰り返しの動作に注意を払うことが最も重要です。これらの多くは完全に無意識であるため、それらを特定するにはある程度の内省が必要です。ただし、ほとんどの場合、簡単に垣間見ることができますが、1つを組み込むことも、必要に応じて削除することも困難です。

悪い習慣と良い習慣

良い習慣は、生活の質を改善する目標の達成に個人的な存在に取り組むものです。それらは、それらを所有する人に彼らが生み出す満足度に基づいて決定されなければなりません。したがって、情報提供、自己教育、運動、衛生状態の維持、健康的な食事などの習慣を例として使用することができます。

それどころか、悪い習慣は私たちの生活に悪影響を及ぼし、不満や何度も悪徳の原因となります。それらのいくつかは、悪名高いほど有害であり、取り除くのが困難です。過度の怠惰、お金の浪費、喫煙、過度の飲酒などが例として使用できます。そして場合によっては、これらの行動の多くは悪徳と呼ばれています。なぜなら、悪徳は、堕落した不道徳に接する慣行として社会のほとんどによって考えられているからです。

そして、悪い習慣を支持する過剰があるかどうかを超えて、理想は後者を避け、自分自身と私たちを取り巻く身近な環境で良い習慣の実践を促進することです。

習慣の種類

今では、悪い習慣と良い習慣の広大な宇宙の中で、これらが身体的(私たちの体に関連する)、感情的(個人とその直接の環境との関係に関連するものなど)の分野で発達する可能性があることを区別する必要がありますカップル、友人、家族)、社会的(グループ、コミュニティ、グループの典型的な習慣を意味する)、道徳的(これらは人生の正しいまたは間違った進め方を示し、何らかの方法で人が考慮されるかどうかを決定するものを示します)良いか悪いか)、そして知識人(彼らは私たちの知性を意味します)。

最後に、自分が持っている習慣に対する責任は制限される可能性があることに注意する必要があります。実際、それらの多くは、それらの結果の明確な考えがまだないときに、子供時代または幼い頃に組み込まれています。家族などの外部環境の影響を受けて、善と悪の両方が獲得されることもあり得ます。しかし、私たちの利益のためにそれらを使用するためにそれらに注意を払うこと常に重要です。

宗教の習慣

宗教の扇動において、習慣という言葉は、聖職叙任、司祭、尼僧、司教などの宗教によって使用される衣服を示し、何らかの形で市民社会と区別されるため、広く使用されています。

各宗教ランクには習慣、チュニック、マントル、マントがあり、特定の特徴を示していることは言及する価値があります。習慣で使用される色は、黒または白、つまり、色スペクトルの中で最もニュートラルな色です。

習慣という言葉の他の使用法

上記の段落は、間違いなく、問題の単語に起因する最も一般的な使用法ですが、他の参照を見つけることも可能です...植物学では、習慣は、茎、枝、およびそれらのテクスチャーによって特徴付けられます。

軍事環境では、習慣は軍事秩序を区別するその区別に名前を付けます。

地質学、結晶癖は鉱物の外観であると、例えば、それはマクロ的観点からのようなものをミネラルルックスのアカウントに私たちを可能にするものです。

そして心理学の習慣は、人が熱心に繰り返す行動であり、個人がそれらを推論する必要なしに発達します。