リテラシーの定義

リテラシーという用語は、人が読み書きを学ぶことができるプロセス、より深くより抽象的なレベルで他の人間とコミュニケーションすることを可能にする2つの活動または機能を指します。

人が読み書きを学ぶ手順、自己啓発と密接に関連する2つの行動、および他者とのコミュニケーションの可能性

たとえば、それはそのような知識を欠いている個人に教師または教授によって与えられる読み書きの教えです。これは通常、学齢期の子供や、もうそこにいない人々を対象としています。

識字能力は人が最大限に能力を伸ばすことができるために非常に重要であり、これは非識字者が人生を遂行できないことを意味するわけではありませんが、良い仕事を得るにははるかに多くの費用がかかることは事実ですが、自分の考えを書面で読んだり表現したりすることができないため、主に他の人とコミュニケーションをとることができます。

過去には裕福なクラスだけが利用できたプロセス

社会全体の大規模な現象としてのリテラシーの考えは、少し前(約19世紀)まで読み書きができる唯一の人々が常に最高のセクターであったことを考慮に入れると、ごく最近の概念です非識字に陥った人々を統治し、彼らが望むことを実行する経済的および政治的力を備えた社会の。

数世紀前、彼らが子供たちを海外、特にヨーロッパに留学させ、エリート教育を保証することは、発展途上国の上流階級の間で広く使われ、習慣でした。発展途上国の教育不足の結果として達成されました。

教育を受けていない階級を支配するために悪い政治が使われてきました

知識の力は彼らに権威と優越性を与え、彼らは常にそれを主張しました、そしてこれらの能力を持っていなかった人々はすべてを知っている人々の決定に服従するだけでした。

明らかに、この状況は歴史的に識字者と非識字者の間に大きな社会的ギャップを生み出し、後者は辞任と最も困難な仕事と貿易の遂行のみを残され、通常は前者に奉仕しました。

多くの政府は、この文脈のおかげで歴史を通して自らを支えてきました。

教育の欠如によって引き起こされるものよりも悪い遅延や不平等はありません。対応する指示がなければ、同意を表明したり、何が望まれるかを述べたり、不当に反対したりすることは不可能だからです。

国民の福祉を求めず、自らの利益のためだけに行動する政治家、あるいはささいな政治指導者は、国民の無知に満足し、例えばそれを促進します。

彼らは、文盲の人々が教育を受けることを気にしません。なぜなら、このように彼らは管理できなくなり、彼らを曲げることができないからです。

しかし、19世紀以降、さまざまな政府やますます複雑化する社会は、識字能力を非常に重要なニーズと見なし始めました。識字能力は、特定の政治的または文化的アイデアの伝達にも使用されることもありましたが、最終的には社会の成長と発展を可能にします。そのような。

識字能力は、子供たちの最も優しい段階から始めるべきです。それは、彼らがすでに記号、形、記号などを学ぶ段階を経ていると考えられるとき、およそ5年から6年です。そして今では、言葉やさらに抽象的な用語を理解することに専念することができます。

家庭で指導を始めることもありますが、小学校低学年の子どもたちに読み書きを教えるのは明らかに学校です。

人がより多くのスキルを開発し、より複雑なテキストを理解できるようになるにつれて、これはますます複雑になります。

今日、国連は、教育部門であるユネスコを通じて、世界の識字率のレベルを管理および改善することを目的とした恒久的な調査、報告、および作業を実施し、許容できる結果を得るのに複雑さを示し、その達成を支援している国を指摘しています。

リストをアルファベット順に並べる

一方、この単語は、たとえば、リストをアルファベット順に配置するアクションを指すためにも使用されます。

たとえば、医師が患者の健康状態を追跡するために作成するファイルは、通常、必要に応じて検索を簡単にするためにアルファベット順に並べられています。

医師の秘書は通常、アルファベットのパターンに従ってそれらを整理する責任があります。