創造性の定義

創造性、典型的には人間の能力

他の種と比較して、この高度に進化した種に属するという単なる事実のために人間が持っている多くの能力と能力があります:もちろん、考え、話し、そして創造することも。これらの能力はすべて、例外なくすべての人間が利用できますが、私たちに関係する場合、創造は、ある側面でそれを発達させたものもあれば、正反対のものもあります。

創造性は、創意工夫、独創的な思考、建設的な想像力、創造的な思考などとしても知られていますが、単に人間が創造する能力であり、新しいアイデア、概念、またはすでに知られているアイデアと概念の間の新しい関連性を生み出すことができます。オリジナルのソリューションを生み出すことを目的としています。創造性は、新しいものの創造、独自の解決策の発見、または世界の修正や変革につながる可能性があります

創造性のプロセスは、新しいさまざまな方法や物事の実現を可能にするタスクを実行するための最も満足のいく方法やオブジェクトを見つけることで構成され、創意工夫がそれらを実行するための主なインスピレーションの源です。

つまり、創造性は、古典的な方法に代わる方法でタスクを実行するための手順とツールを掘り下げ、もちろん、この点で異なる前向きな結果を達成することに成功します。

より人気のあるシンプルな言葉で言えば、創造性は特に人生をシンプルにするのに役立ちます。これが意味する発明性を通じて、アクションやタスクを迅速かつ確実に成功させるための代替方法を見つけることができるからです。

さらに、創造性は、私たちが望むものを達成するために大企業や偉業に着手する必要なしに、迅速、効果的、経済的にそれを行うことができるので、欲求を満たしたり満たしたりする必要がある場合、通常は優れたツールです。欲望

創造性が存在する方法と理由

さまざまな分野や分野の科学が、創造性の方法と理由を研究および調査することに関心を持っています。厳密に技術的な観点から、創造性はプロセスとして、人々の個性のもう1つの特徴として、または製品として理解されます。

たとえば、心理学の要請により、創造性は想像力に含まれる活動であり、基本的には新しいまたは同じことを異なる方法で行うことで構成され、それがそれを説明する方法です。

一方、社会学の場合、創造性は、社会集団で表される分野、問題の分野または領域となる領域、および個人の3つの変数が存在するときに出現します。したがって、社会学は、人が特定のドメインで変換を実行し、後でさまざまな社会グループの要請で評価されると主張しています。

真実は、人間の創造性と他の能力は、その実現のために、一般に科学からまだ隠されたままであるさまざまな組み合わされた精神的プロセスを暗示しているということです。それを担当します。一方、すでに指摘したように、創造性は人の想像力に端を発し、通常の創造的思考の生成に介入するプロセスに関する知識は不足していますが、それぞれが結果、つまり、結果が最も創造的な行為である場合。

クリエイティブな人の特徴

創造性について一般化するのは難しいですが、それは明らかにそれぞれの主観的で特定の問題であるためですが、最も創造的な人々や人格に通常見られる最も一般的な特徴のいくつかを与えることができます:自信、勇気、柔軟性、高い連想能力、直感的な能力、細かい知覚、想像力、批判的な能力、知的関心、愛され、感謝されていると感じる感情的な特徴、容易さ、自由、熱意、粘り強さ、深さ

さて、これは誰かがこれらの条件のいずれかを持っていないことを意味するものではないことに注意してください、ましてや創造的ではありませんが、それらは完全な創造性を持つ人々に繰り返し観察されている特徴です。