正方形の定義

「正方形」という用語は、私たちが知ることができる最も基本的で本質的な幾何学的形状の1つを指すものです。この意味で、この概念が広く使用されています。ただし、代数の「平方」の定義も異なります。これは、x数を2回乗算した結果の数と関係があります。どちらの場合も、正方形という用語は抽象的なエンティティと関係がありますが、幾何学的な正方形の場合、実際の生活の中で具体的な方法でそのような表現を見つけることができます。

幾何学的な正方形とは何かを定義するとき、それは四辺形と呼ばれる二次元の図形であると言わなければなりません。それは四辺があり、その周囲は平行で同時に反対の辺で構成されているからです。これにより、正方形が平行四辺形に変換されます。これは、台形や台形などの図とは異なり、その辺が平行であることを意味します。

正方形には4つの頂点があり、その角度はそれぞれ90度で、合計360度を追加する必要があり、内部構造を形成する2つの対角線があります。したがって、内角の円周を完成させる外角は、それぞれ270°を測定する必要があります。正方形がとる位置または方向に応じて、特殊なタイプのひし形に変換できます。次に、幾何学的な正方形の面積は、方程式A = L2(正方形)を介して計算できます。

最後に、代数的正方形について話す場合、図xのそれ自体で2回乗算した結果として表される数を参照します。この代数演算は、正方形の辺に2乗を掛けたものが図形の表面を与えるため、正方形の幾何学的図形に直接リンクされています。