分析の定義

分析とは、要素の部分を分離して、その性質、機能、および/またはその意味を研究する行為です。

分析とは、さまざまな特性や領域でさまざまな種類のアクションを含む効果ですが、要約すると、オブジェクト、人、または状態に関して調査、計量、評価、および結論を出すことを目的として実行されるすべてのアクションです。 。

あらゆる種類の分析があり、この活動について話すとき、科学的および社会的実践の両方を参照することができます。それは、正式な枠組みを持ち、日常生活で非公式に行われるものです。

たとえば、科学の場合、化学分析とは、特定の物質または物質の組成を調査して、それが形成される要素と、それぞれが上記の研究対象で果たす機能を解明することを目的とした分析です。

数学的分析は、科学的な練習はまた、特定の操作中に存在し、どのようにこれらは特定のソリューションにつながる組み合わせ数学の変数を調査することを目指しています。コンピュータ科学者は、コンピュータシステム内に存在する構成及び動作の見直しを担当しています。

株式分析が求めている、金融、株式市場の未来と世界の経済について尋ねるためにさまざまな要因がある通貨の変動と国内および世界的な経済危機の出現にどのように影響するかを理解しています。たとえば、企業の財務分析では、機関の内部経済の状態を確立することを目的としており、たとえば、将来の投資に関する推奨事項を作成します。

コミュニケーションには、分析の多様性もあります。最もよく知られているスピーチ分析は、たとえば、政治的または社会的設定で行われ、言語学と記号論の分野を組み合わせて行われる口頭の談話研究の主題であり、各スピーチが聴衆に与える影響を判断しようとします。

他の典型的な分析は、患者の治療の一部としての心理学的または精神分析的です。口頭の文を構成する要素の構文分析を参照することも一般的です。そしてもちろん、最も頻繁な分析の1つは医師であり、患者の健康状態を評価して、不快感、病気、または状態に影響を与える原因または要因を特定します。