孤独の定義

会社の欠如を感じることを特徴とする状態

孤独感は、人間が人生で経験することができる最も一般的な感情の1つであり、伴奏の欠如によって特徴付けられます。これは、一般的に私たちが孤独を感じない原因です。私たちが孤独を感じるとき、私たちは一人です。私たちはそのように感じます。

したがって、孤独という用語は、個人が経験する交際の欠如を指します。この孤立と他の人との接触の欠如は、さまざまな問題が原因である可能性があります。彼らは悲しみを感じて他の人との絆を望んでいないため、または逆に、彼らはどんな種類の会社もなしでいるのが好きで楽しんでいるためです。 ; 他の原因は、最も一般的なものの中で、孤独がカップルの問題である場合、非常に伝染性の病気、逸脱した社会的習慣、または彼らの人生を共有する誰かを見つけることができないことである可能性があります。

孤独の否定的な認識

孤独の期間が比較的短い場合、一般的に、問題の人がしなければならないいくつかの重要な決定の結果として静けさを必要とするので、問題の人が持っている瞬間的な必要性として世界の他の人々によって評価または評価されますだから、彼は仕事のために、または単に私たち全員が私たちの生活のある時点で持っているプラ​​イバシーの必要性のために気を散らすことはできません。一方、孤独がほぼ無期限に続く場合、この問題は通常、それを明らかにする人々に深刻な社会的損害を引き起こす不快な状況として解読されます。

この点で、一般の人々は孤独を否定的で悪い問題として理解し、認識していることを強調する必要があるため、例外はありますが、通常、誰かが一人であると知ったとき、人々は気の毒に思い、後悔します。彼の愛の人生を共有する人が誰もいない誰とでも住んでいます。

孤独を楽しんで後悔しない人もいれば、それを非常に恐れる人もいるので、一人ではないように努力しています。

今、アイデアは、どんな犠牲を払っても一人でいるのをやめるのではなく、私たちが人々に会い、彼らと交流し、孤独を終わらせる新しい友情、愛の絆を生み出すことを可能にするコミュニケーションと活動の新しいチャネルを開こうとすることです。

会社との生活はより良い

神がかつて言ったように、男性が一人で女性を創造したのは良くありません...そしてそれは決まり文句のように聞こえますが、それは確かな真実です...私たちはひどい、または私たちが間違いを犯そうとしているときに彼らが私たちにアドバイスします、それはそれなしの生活よりも常にはるかに良いでしょう、それは現実です。

一方で、世界が孤独をどのように見ているかということに関しては、僧侶のように、それをまったく否定的なものとは見なさない人々がいますが、まったく逆に、彼らはそれを精神的な悟りの方法と見なしています。

孤独と症状の種類

孤独は、肉体的孤独と精神的孤独として区別することができます。最初のものは、何らかの理由で、それに応じて仕事や瞑想をするために、あらゆる種類の気晴らしから切り離す必要がある場合に実行されます。一方で、この問題について非常に訓練された個人がいて、敏感な世界が彼らに課す気晴らしにもかかわらず、彼らの集中度は非常に高いので、彼らは彼らに影響を与えません。

誰かが課せられたタイプの孤独を示しているかどうかを認識するのに役立ついくつかの症状は次のとおりです:幻覚、不安、空間と時間の知覚の歪み

それは破られない法律ではありませんが、若者は年配の人々よりもはるかに簡単に孤独に適応する傾向があります。

また、この用語は、人がいない場所や非常にまばらに住んでいる場所を説明するために使用されます。森の中を歩くのは本当に楽しかったです。

愛する人を失った後に現れる状態

そして、この用語の他の使用法も非常に広範であり、孤独とは、愛する人の不在、喪失、または死の後に人が経験する悲しみと憂鬱の状態であると言います。私たちの近くにいる誰かが死ぬと、孤独感が表面化し、私たちと一緒にいることのない愛する人との関係で消えることはありません。

フェミニンな固有名詞

Soledadはまた、非常に人気のある女性の名前であることが判明しましたそのニックネームは通常Soleです。