事実の定義

事実とは、感覚の知覚を通じて検証可能なイベントです。用語の正しい区切りを掘り下げることは一見あまり関連性がないように見えるかもしれませんが、真実は、可能な限り正確な定義を達成するための科学的努力にとって最も重要であるということです。

考慮すべき最初のポイントは、特定の事実を、少なくともアクセスが制限されている現実の現れとしてとらえるべきか、それとも物事の真実を示すことに加えてそれを隠す情報の一部としてとらえるべきかということです。最初の位置は科学的実在論で識別され、2番目の位置は論理実証主義で識別されます。

いずれにせよ、共感を持っている理論が何であれ、科学的調査を開始するとき、トリガーとなる質問は、研究者が生きている、または生きてきた現実に常にアンカーを持っていることを認識しなければなりません。これらの現実から、答えを見つけないことによって、科学的研究を通じて体系的かつ方法論的な方法で行うことができる質問が作成されました。しかし、特定の出来事の経験や特定の現実への没頭を引き起こす可能性のある質問や「好奇心」は他にもたくさんあり、非公式に、または一般に「常識」として知られているものを使用して知ることができます。

科学的実在論では、現実であるという事実は、通常、概念的な解釈である理論とは対照的です。一方、論理実証主義では、事実が単にデータとして解釈される限り、両方の側面は概念的であると見なすことができます

この多様な立場は、哲学の歴史、より具体的には、人間の知識において感覚が果たす役割に関する既存の立場に関して相関関係があります。基本的に、古代から、感覚に知られていることに真実を帰する現実的なものとして識別可能な現在がありました。同時に、感覚的知覚の存在は必ずしも彼らによって当然と見なされている一般的な場所を正当化するものではないというこの声明に疑問を呈する声もありました。このコントラストは、カントの哲学の出会いのポイントを持っていました。それは、現象の知識に到達する限り、被験者がそれに適用する感覚とカテゴリーのデータを評価します。

事実を重要なものにするのは解釈である限り、科学的事実を科学​​理論から分離できるかどうかも何度か疑問視されてきた。いずれにせよ、提示された解決策に関係なく、この点に関しては常に異なる意見があります。

他のレベル、たとえば法務または司法では、イベントとは、1人または複数の人によって引き起こされ、他の人または他の人に物質的または道徳的に損害を与えるイベントです。このように、すべての人間に関する自由を超え、それは彼らの人間の状態(いわゆる人権)によって享受され、有害な行為の原因であるために対応しなければならない市民的、刑事的または行政的責任を生み出します。

一方、ジャーナリズム活動では、その大きさ、重要性、ニュースを受け取る人々への近さ、またはその理由のいずれかのために、その特徴のいくつかのために、イベントは報道価値のあるものになるイベントでもあります。それは珍しいまたは奇妙な情報です。たとえば、外国大統領の同国への訪問、都市の物的損害や停電を引き起こす可能性のある気象警報、または「決算」の疑いで都市の隣人を殺害することはニュースイベントである可能性があります。。これらすべての場合において、報道価値のあるものとそうでないものを決定するのは、メディアの編集者または編集者であり、それらは、ラジオ、テレビ、またはデジタルです。