環境の定義

環境とは、ある種の自然な交流が起こり、そこでの生活を可能にする空間と定義することができます。

自然と大都市を含み、共存するさまざまな生命体が相互作用し、生命のプロセスが生み出される空間

環境は空間であるだけでなく、そこで起こるさまざまな形の生命でもあります。

つまり、私たちが空間について話している場合、私たちは空間的な場所のみを参照していることになります。

一方、環境の概念は、この最後のアイデアを広げて、その空間で行われる生活に関係するすべてのものを含めます。

環境の中で、それを構成するさまざまな生物のすべての活動とつながり、ケースごとの人間、そして特にそれがそれを取り巻くもので維持し、何度もそれと何らかの意味でそれに影響を与えることになる行動が発達しますアクション。

一方、大都市のように、自然が絶対に見える自然空間だけでなく、人間が住む空間も環境の一部として含める必要があります。

今日、環境は非常にファッショナブルなトピックです。そのケアに関して発生するすべての議論と、人間の活動がどのように環境をより速く損傷させるのかについての議論があります。

私たちの環境が苦しんでいる主な問題とそれを助ける方法

環境に関連する最大の問題の1つは、人間が環境に与える破壊と虐待が近年どのように増加しているかであり、残念ながら、状況によってはすでに元に戻せないことです。

人間の経済活動、土壌侵食、対応する植林を伴わない森林伐採、再生不可能な商品の極端な消費、温室効果によって引き起こされる汚染は、私たちの地球の環境が直面している最も深刻な惨劇の一部です。

幸いなことに、そしてこの制御の欠如と密接に関連して、最近、これらの悪、または少なくとも自分自身をまだ世話することができるものを逆転させようとする人々の間で重要な意識が高まっています。

政府やNGOによる、広告キャンペーン、地球に影響を与える経済的利益との直接の戦い、いくつかの国内活動の発展を通じての認識。ただし、リサイクル、ゴミの分離、責任者など、それほど効果的ではありません。エネルギーの消費は、環境の内破を逆転させることを可能にした行動のいくつかです。

環境は環境に他なりません。正確には、生命に関連するさまざまなプロセスが行われる場所または空間です。

人間の生命だけでなく、動植物の生命も考慮に入れると、この生命は非常に多様になる可能性があります。

それぞれの環境は、それを特別で他の環境とは異なるものにする特定の要素によって特徴付けられます。そのため、単一の環境について話すことは不可能です。

メディアコンポーネント

環境を構成するものが何であるかをよりよく理解するには、物理​​的、生物学的、そして必要に応じて社会経済的という3つのレベルについて話す必要があります。

最初に、地理、気候、および地質学に関係するすべてのものについて言及します。

これらの要素は、すべての生命体が確立される基盤を形成します。

生物面は、この空間を占める動植物だ​​けでなく、人口で構成されています。

最後に、社会経済環境は、人間の活動とその環境への影響を指すものです。

今日の環境がもたらす最大の問題は、人間がここ数世紀に環境に与えてきた被害と関係があるということです。

この意味で、環境は、物理的空間、さらにはさまざまな動植物の行動(ペストと呼ばれる現象が発生した場合など)に関係する変化や自然の変化をもたらす可能性があると言わなければなりません。

しかし、森林破壊、汚染、都市化、元素や化学製品の使用、そして最終的には気候変動など、人間が産業、生産、経済活動で生み出したものほど環境に大きな変化はありませんでした。この環境の変化が生み出す結果のうち、環境に生息するすべての生物に影響を及ぼします。

それはかなり最近の概念であり、これまで見てきたように、それは私たちが住み、参加する空間、人間が常に行動している空間に関連しているため、その範囲を生物学的問題に限定することはできません。 、環境的または地理的な他の何物でもありません。人々が行うことはすべて、環境にプラスまたはマイナスの影響を及ぼします。私たちがそれを知り、認識することが不可欠です。