音楽の定義

音楽という言葉は、沈黙と音の一貫した組み合わせを賢明で論理的な方法で組織化する芸術を示し、そのような活動を成功裏に実行するためのガイドパラメータとして使用します。これもまた、対象となり、介入されます。複雑で時には予測不可能な心理的感情的プロセスによって

音楽の概念とそれによって理解されるものは、もちろん、古代に促進された主に単一の概念から離れて、それをまとめて、詩やダンスなどの他の表現から切り離すことなく、失われることはありませんでしたが、しかしそれどころか、それを定義し決定する純粋に芸術的な起源を常に保存し、それは今日、一部の作曲家が誤って音楽のようなものを呼び、もちろん伝統的で人気のある概念から逃れるときに引き起こされるものです。

昨日の音楽、今日の音楽、そしてこれからも、そしてこれからも、ある種の反応や美的体験をリスナーに引き起こすことが主な仕事です。音楽、アイデア、感情、思考、いくつかの悲しい状況では、他の人はより幸せですが、常に、目的は何らかの質問を伝えることであり、もちろんこれはリスナーに反応を生み出します。つまり、音楽は、たとえそれが生み出しているとしても、リスナーに何も生み出すことができません。そのような反応。そのメロディーまたはそれが言うことに対する拒絶または反発のような不快なものは、音楽はその目的を達成する以上のものであり、それは他の結果を引き起こすことです。

音楽は2つの基本的な要素で構成されています。それは、一方では音であり、もう一方では無音です。音とは、私たちの耳が知覚する音であり、音体の振動運動によって生成され、基本的に空気によって伝達される圧力変動を透過します。そして、沈黙は音の知覚可能な欠如です。

人間にとっての音楽の関連性

これらの内因性および外因性の考慮事項に加えて、音楽は、次に、人間に奉仕し、奉仕し、奉仕するので、気候、状況を作り出し、最悪または最高の瞬間のいくつかを伴い、不快な沈黙、孤独感をカバーします。楽しんで、恋に落ちる、つまり、素朴でシンプルな音楽は、人生のあらゆる瞬間にそれを望んでいる人々に付随することができます。

人は創造に足を踏み入れ、彼の環境と相互作用し始めたので、音楽は彼に同行しました、彼女は彼の忠実で飽きのこない仲間であり、自然からそして自然に彼に様々な自然音楽を提供しました。音楽の起源は、耳を驚かせた自然の音を模倣する人間の必要性から生じたものであるため、音楽の起源は自然にのみ見出されなければならないというこの考察を正確に支持する多くの理論があります。

また、音楽は驚かされ、驚かされるため、非常に特別な神秘に囲まれていることを強調することも重要です。音楽が人間の耳に届いたときに生じる直接的な全会一致の感情でさえ、合理的に説明することはできません。

この独特の音楽の痕跡は、突然、かつて聞いたことのない曲を聞くだけで、理由もなく感情的に泣くのを見ることができます。これが、音楽が常に人々に抱いている魔法の力について語るときの意味です。

音楽の癒し:音楽療法

音楽は幸福であり、娯楽であり、喜びですが、患者の回復治療の枠組みの中で科学的に適用された場合、効率的な治療作用でもあります。健康の分野で音楽を適用する方法はたくさんあり、音楽を適用して成功を収めることができる治療例もたくさんあります。

上記の証拠は、医療の分野ですでに確立され認識されているキャリアである、実践が世界中に到達した拡散です。

たとえば、音楽療法は、高齢者の認知的、身体的、感情的、精神的な能力を向上させます。

また、妊娠の要請により、音楽療法は赤ちゃんと母親に多くの利益をもたらします。主な理由は、待機中や相互の出会いの前にリラックスするのに役立つからです。

また、統合失調症、認知症、パーキンソン病などの重度の精神疾患の治療では、音楽療法がその複雑な症状のいくつかを治療するのに非常に効果的です。