同等の定義

両者の間に一定の類似性、同等性がある場合、またはそれらが同じ値を持っている場合、何かは異なるものと同等であると言われています。形容詞の同等物は名詞の同等性に対応し、両方の用語が使用されるコンテキストのいずれかで、ある程度の類似性を示すいくつかのものの間の比較について話すことができます。

数学における同等性

数学と論理の分野では、等価の概念は記号=で表されます。これは、上記の記号を使用した定式化では、関係する部分が同じ値を持つことを意味します。数学演算を実行するには、任意のセットの要素間の関係である同値関係を考慮する必要があり、それらの主な特性は、暗黙の等式の概念です。同値関係の重要性は、セットの要素を同値類と呼ばれる異なるクラスに分割することです(各要素は排他的なクラスに属します)。

等価原理とそのクラスにより、さまざまな可能性の中でも、あらゆる種類の日常の数学演算を実行したり、異なる測定システム間で等価を適用して異なる単位を処理したり、ある通貨の別の通貨に対する価値を計算したりできます。

他の分野の同等物

自然界のさまざまな王国を分類して順序付けるとき、生物学者は種の特徴を研究し、それらの間の類似点、つまり、それらが互いにどのように同等であるかを探します。このように、2つの異なる器官は同じ種の男性と女性の間で同等の機能を持っています(たとえば、卵巣と精巣)、または動物の2つの呼吸器系は同等の機能を持っています(たとえば、哺乳類の肺呼吸と鰓呼吸水生動物の)。

政治的、社会的観点から、各国には独自の行政組織と独自の有機体があり、それらを理解するには、ある種の同等性または比較を確立する必要があります。

言語の分野では、同義語は2つの単語間の同等性を表す現象です。この場合、2つの単語が同義語であるということは、それらが完全に同等であることを意味するのではなく、まったく同じことを意味していなくても交換可能であることを意味します。

人間の文化を分析すると、一連の要素(言語、いくつかの伝統、特定の歴史)が見つかります。文化的表現を理解するには、別の文化的表現とのある種の同等性を確立する必要があります。このアプローチから、一見排他的で異なっているように見える何かが、非常に類似した意味で別の文化で提示され、したがって、それらは同等性を提示することが理解されます(たとえば、異なるダンスモダリティ、各宗教の儀式、または異なる家族モデル)。