運用計画とは»定義と概念

これは、組織またはエンティティの責任者が達成したい一連の目標を設定する公式文書です。言い換えれば、それはあなたが何を達成したいのか、そしてそれを達成するためのステップは何であるかを示す一般的な戦略です。通常、運用計画は年次ベースで実行されるため、頭字語POA、つまり年次運用計画が使用されます。

運用計画の目標は、組織がそれ自体を見つけ、視覚化し、投影することです。明らかに、これらのタイプの戦略は特定の目標を達成するように設計されています。つまり、何かをうまく実行するには、事前の計画が必要だと言えます。

運用計画に関する一般的な考慮事項

(民間企業、NGO、または公的機関の)運用計画では、一連のアイデアを検討する必要があります。

-運用計画文書は、戦略目標を達成するための正しい意思決定のための情報を生成します。

-運用計画を作成するプロセスは、3つの主要な質問にまとめることができます。エンティティの現在の状況はどうなっていますか。どこに行きたいですか。そして最後に、どのようにして目的を達成するのでしょうか。

-運用計画の成功は、いくつかの要因に依存します。一方では、文書が適切な方法で、可能な限り厳密に作成されていること。第二に、計画に関与する人々はプロジェクトに関与する必要があります(適切な関与のない最良の戦略はデッドペーパーになります)。第三に、計画は、あらゆるタイプの状況に適応できるように、期待の要素を組み込む必要があります。最後に、計画はプロジェクトに関与するすべての人々のコンセンサスと参加の結果であることが強く推奨されます。

運用計画に関連して発生する可能性のあるエラー

-最初の間違いは、計画を立てることですが、それを信じないことです。

-プロジェクトを主導する人がいれば、どのような戦略や計画でもうまく機能するため、リーダーシップが欠如していると、計画の有効性が弱まります。

-入手可能な情報が信頼できない場合、運用計画は機能しません。

-特定の精神的障壁がブレーキになります。

-組織システムは運用可能である必要があり、実行される機能の一部が誰の立場にもないことは受け入れられません。

-作業チームが計画に関与していない場合、プロジェクトが失敗する可能性が非常に高くなります。

写真:Fotolia-Gstudio / Stockillustrator