地形の定義

地形は、地形の表面の詳細な説明を専門とする分野です。一方、このために、問題の表面が自然であるか人工であるかにかかわらず、フォームと詳細のグラフィック表現を容易にする一連の原則と手順を詳細に研究することを扱います。

グラフィック表現を容易にするために、陸地の表面の詳細を専門とする分野

このタイプの表現は、平坦な特性を持つサーフェスで実行されます。土地の小さな領域に限定され、最大の領域は測地学によって占められます。

ユーティリティとアプリケーション

測量の分野は、建築、農学、地理学、工学などの科学にとって非常に有用であることがわかりました。たとえば、物理的現実を記述するための幾何学の概念の適用は、農業活動の要請や建物の建設において非常に重要であることが判明しました。

一方、地形は二次元の作業が必要になります。これは、最初に、適切な機器で土地を分析するために、問題の土地を訪問する必要があるためです。そして、作業の次の段階では、その場所の一人称で得られたデータをキャビネットまたは実験室に転送して解釈し、後でそれらを地図にダンプできるようにすることが不可欠です。

地形に対処するもの専門家である測量、と通常の仕事2 - X上次元システムとY軸高さは三次元です、。地形図上の地形の標高は、参照平面に接続する等高線と呼ばれる線を介して反映されます。

その一部については、トータルステーションは、水平および垂直角度と距離の測定を可能にする装置です。ステーションが設置された場所の座標がわかれば、測定されている任意のポイントの3次元座標を決定できます。座標が処理されると、測量士は表面の詳細をグラフィカルに表現し始めることができます。

地形の特定の特性

一方、この概念は、地形がその表面構成で提示する一連の特定の特性に名前を付けるために使用されます。

この概念の感覚は、通常、救済の概念とも呼ばれます。

救済の種類とその形成方法

起伏は、特定の土地表面の特徴的な不規則性であり、他のタイプの中でも、山、谷、平野を通して現れる可能性があります。

浮き彫りの知識は、いくつかの活動の実践に非常に関連しています。たとえば、一次生産は、準拠した方法で利用されるために、特定の地域の土壌と気候条件に大きく依存するためです。

私たちの惑星にはさまざまな形があり、さまざまな風景が非常に豊富で、それ自体がユニークで再現性のない視覚的な光景を構成しています。

私たちが以前に言及した地層は、私たちの惑星が時々苦しんださまざまな地質学的プロセスから生成されました。

山は構造プレートの衝突の結果です。

一方、高原は山のように始まりますが、侵食によって山の特徴である鋭い山が取り除かれ、標高は残りますが、かなり平坦になります。

谷の場合、山の間に生じる空間であるため、山とのつながりもあります。

そして、平野は、それらが形成された地域で正確に作用しない構造力がないために可能であり、それが地形が平坦なままである理由です。また、これに加えて、水または風によって運ばれる堆積物を残す継続的な侵食があります。

今日の私たちの惑星は、何百万年も前と同じようには見えません。今日の大陸でさえ、以前は存在していませんでした。

大陸の分離と外観を生み出したのは、さまざまな構造プレートの衝突でした。

とりわけ、地形は説明と分析を提案し、それはすでに述べたように、とりわけインフラの確立において、経済の発展に役立ちます。