開発計画の定義

開発計画は、特定の目的を達成することを目的としたグローバルな提案です。開発計画の概念は、知事、組織領域の責任者、または会社のリーダーを指すことができます。それは、一定期間にわたって実行される一連の行動を統治する必要がある政府またはリーダーシップの道です。

開発計画の要点

開発計画は、策定時にいくつかの特性を組み込む必要があります。そもそも、特定のタスクを実行する特定の専門家が含まれるように、参加型の高いコンポーネントを組み込む必要があります(多くの国の機関レベルでは、いわゆる諮問委員会があります。社会のさまざまなメンバーで構成されています)。

考慮すべきもう1つの側面は、開発計画を構成するさまざまなテーマの横断性です。重要な要素は、開発計画の内容が社会に伝達される政治的またはビジネスマーケティングです。開発計画が強固な基盤を持つためには、主要な軸を組み込む必要があります(たとえば、国の政府では、これらの軸は平和、平等、繁栄である可能性があります)。

最後に、どの計画も、一連の明確なガイドラインとそれに応じた経済予算を確立する必要があります。そして、これはすべて、私的領域であろうと公的領域であろうと、法律の枠組みの中で行われます。

制度政策の分野における開発計画の作成

どの開発計画でも、予備的な質問が発生します。どこに行きたいですか?この予備的なアイデアは、ロードマップとも呼ばれます。政治の分野では、ロードマップは大多数の市民によって投票された選挙プログラムです。統治者が機関で権力を握るとき、彼は彼の選挙プログラムに触発された開発計画を作成しなければなりません。

開発計画の作成には、次のセクションが含まれます

•統治される機関に関連するすべての分野の初期診断。つまり、そこに必要なもの、現在の経済状況、および提示される期待は何か。

•現実の診断後、達成すべき目的と目標、およびそれに対応する期限が設定されます。

•開発計画には、利用可能な材料ツールと人的資源を含める必要があります。

•財源に基づく投資計画。

写真:iStock-deimagine / StockFinland