チョコレートの定義

最も美味しくて人気のある珍味の1つとして知られているチョコレートは、挽いたココアと砂糖で作られた食品ペーストです。シンプルなデザートから、クッキー、ケーキ、餃子、アイスクリーム、ムース、チョコレート、イースターエッグ、ベーカリー製品、プリンなど、さまざまな甘いものに現在使用されている製品です。

チョコレートは非常に高貴な要素ですが、繊細であり、最良の結果を得るには適切に処理する必要があるため、その作業にはきちんとした知識と忍耐が必要です。

ミレニアル世代の起源

チョコレートは実際には原材料ではありませんが、カカオ植物から得られた製品であり、脂肪、砂糖、牛乳、ドライフルーツ、またはそれを準備する人の興味に応じてさまざまなフレーバーなどの他の要素が追加されています。カカオ植物はアメリカ原産で、16世紀にヨーロッパ人によって発見されました。多くのコロンブス以前の文化では、ココアを飲み物の形で使用していましたが、その味と外観は、今日私たちがチョコレートとして知っているものとは関係がなく、後者ははるかに攻撃的で不快です。

精緻化

チョコレートは、カカオ豆の発酵、乾燥、焙煎、練りから作られています。それらが処理されると、固くて密度の高いカカオの塊が得られます。これは、製造プロセス全体で最も純粋な形のチョコレートです。私たちが通常チョコレートとして消費するものを得るために、この製品は液体の形とカカオバターに分けられ、製品にクリーミーさと滑らかな一貫性を与える役割を果たします。チョコレートのカカオバターが多いほど、滑らかでクリーミーになると考えられていますが、これは純粋なカカオの痕跡が少なくなることを意味します。そのため、柔らかいチョコレートは一般的に品質が低いと見なされます。同時に、得ようとする純度に応じて、チョコレートに多かれ少なかれ砂糖を加えることができます。

すでに述べたように、チョコレートを扱うことは、経験、粘り強さ、そして忍耐力を必要とするため、簡単なことではありません。チョコレートは加工できるように焼き戻しする必要があります。つまり、チョコレートの温度を変更してバランスを取り、成形しやすい製品にする必要があります。チョコレートには多くの批判がありますが、肯定的なものもあれば、それほど多くないものもあります。チョコレートは脂肪とカロリーの価値が高いため、どの食事療法でも禁止されている要素と見なされることがよくありますが、特定の種類のチョコレートを防ぐのに非常に栄養価が高く効果的な食品と見なされています。もちろん、それが適切で測定された方法で消費され、人生のすべてのものと同じである限り、病気。

消費のメリット

場合によっては、これから私たちはその消費の利点と利点を掘り下げていきます。さて、健康に良いのでチョコレートを飲むと言って喜ぶ多くの人を喜ばせる前に、70%以上のココアを含むダークチョコレートが有益な特性を示していることを明確にする必要があります。その構成。

循環器系はチョコレートの摂取で最も恩恵を受けるものの1つであり、心臓病、脳血管障害に苦しむ可能性を減らし、血圧の低下、悪玉コレステロール、抗酸化作用などの行動も認められています。それに対する媚薬効果は確かに証明されていませんが、その消費がほとんどの人にもたらす喜びの根拠しかありません。

あなたに与えられ、汗をかかないことが私たちの日々にとって非常に重要であることが判明したもう一つの利点は、そのリラックス効果です。チョコレートを摂取すると心がリラックスすることが証明されており、さらに言えば、日常的および日常的な義務が私たちの神経を刺激する場合、チョコレートは優れた選択肢になる可能性があります。

ダークチョコレートは、女性の周期のこの時期に発生する水分の保持を減らし、女性がこの瞬間に感じる不安を最小限に抑えるのに役立つため、特に女性のためのチョコレートの貢献は、月経前段階の要請でのその素晴らしい行動です。

しかし、この気分のアップ効果は一般化されており、生理が近づくと女性だけでなく、男性も気分が落ち込んでいるときに楽しむことができると言わなければなりません。

そして今、私たちはその主な欠点に言及する必要があります。それは、脂肪とカロリーを集中させる製品であるという事実、そしてバランスの取れていない食事で、そしてから消費されるカロリーは、肥満のリスクを高めます。