気象気象の定義

一定期間の大気の状態

気象気象は、大気気象または気象条件とも呼ばれ、特定の瞬間の大気の状態になりますが、そのような場所の大気状況xを決定するときに評価されるいくつかの要因があります。大気は、私たちが言ったように、温度、大気圧、湿度など、特定の時間と場所で発生するさまざまなイベントを経験する可能性があります。

さて、気象気象は、1日または数日連続して発生するすべての現象を具体的に含むことに言及する必要があります。つまり、気象気象は、特定の大気の活動であることが判明することを意味します。場所と短期的に

湿度、気圧、雨、風、気温、気象気象の決定に影響を与える要因

だから、雰囲気に影響を与える主な不測の事態に焦点を当て、我々は天気がによって影響されると言うことができる:湿度((環境に存在する空気の単位体積あたりの水蒸気の量)は、絶対または相対、その蒸気の量空気中に存在する)、(雲から滴の形で落ちる水の沈殿)、(異なる地域に属する異なる気圧の出会いの結果として大気中に発生するこれらの気流))、大気気圧(大気圧と同じ高さの空気柱が地表の1単位に及ぼす力)と温度(環境の体が持っている熱または寒さについて私たち一人一人が持っている感覚を測定するその大きさ)。

それぞれの瞬間が時間と持続時間の両方で多かれ少なかれ再発することが判明した場合、それは一種の天気と呼ばれ、他の選択肢の中でもとりわけ、雨、曇り、嵐、暑い、または湿気があります。

気象気象に対する人間の関心

人間は常に自分のいる場所の天気の詳細を知りたいと思っていましたが、男性が行う活動の多くは時間に依存したり、何らかの影響を及ぼしたりする可能性があるため、基本的にはそうです。しかし、多くの人々はまた、彼が朝にどのように服を着るべきかを知ることに興味を持っており、したがって、寒さに苦しんだり、それに失敗したりして、一日の残りを熱くすることはありません。

この関心は、ある地域の気象気象を短期的に予測し、毎日の気象データを知るための高度なツールの開発につながりました。

メディアは天気の主な普及者であり、気象学の専門家である気象学者を通じて、天気が1日または1週間で発生する可能性のある不測の事態について一般の人々に知らせます。

人々が関心を持っているのは、携帯電話のアプリケーションが開発され、ユーザーが自分の街や世界の他の場所の天気データを現在の電話で入手できるようになったことです。

また、気候変動は、長引く暴風雨の場合のように、都市とその住民に深刻な問題を引き起こす可能性のある非常に激しい気候現象を発生させることが一般的であるため、気象気象の知識に特別な関心を引き起こしていると言わなければなりません洪水を引き起こします。

気候と気象時間の違い

多くの場合、気候と天気の概念は同じ意味で使用されますが、実際には、それぞれが異なる質問を参照しています。私たちが言ったように、天気の状態は、大気が特定の場所に現れる現在の状況であり、湿度、圧力、降雨、曇りなどのさまざまな要因の組み合わせによって特徴付けられますが、気候は大気のセットを指しますそれらが少なくとも5年間に収集され、特定の地域に蔓延している気候のタイプを特定できるようになるというデータ