個人の定義

個人の概念は間違いなく非常に複雑で豊かです。技術的には分割できないものすべてを象徴しますが、一般的には分割や断片化ができないため、人間や人間を指すために使用されます。したがって、個人は複雑な社会システムの最小かつ最も単純な単位であり、それらが確立され組織化される源でもあります。

個人の概念の定義は、さまざまなレベルで確立できます。その存在の存在論的レベルから始めると、個人の概念は、有名なフレーズ「我思う、故に我あり」を提案したフランスの哲学者R.デカルトの理論によって深く豊かにされたことは間違いありません。それを通して、個人は彼が彼の合理的な贈り物を考え、反映しそして使用する能力を持っている限りです。同時に、このフレーズは、彼が存在する環境における個人の位置を認識し、したがって、彼を取り巻くすべてのものと彼自身を結び付けます。

別の意味では、それぞれが特定の環境、特定の物理的能力、特定の歴史的空間的文脈で発生するため、コピーまたは模倣できないユニークで再現不可能な存在としての個人のアイデアも提案されています。これらすべての要素は、彼を彼自身の中で不可分な存在に変え、特に彼が彼の人生を通して(大部分)所有するであろう特徴と特徴を彼に与えるので。

しかし、人間としての個人は、事前に設計され確立された要素ではなく、逆に、学習し、知識を受け取り、スキルを習得し、文化を発展させることができる人です。そしてここで、個人がそのようになるために、社会における環境と他の個人との共存が占める役割に入ります。