認識論の定義

認識論は、人間の知識と、個人が思考の構造を発達させるために行動する方法を研究する科学です。認識論の仕事は広範であり、方法論だけでなく原因、目的、本質的な要素も研究して、人間が彼らの信念と知識の種類のために見つけることができる正当化にも関連しています。認識論は哲学の一分野と考えられています。

認識論」という用語はギリシャ語に由来し、「エピステーメー」の知識と「ロゴ」の科学または研究を意味します。このように、その語源名は、認識論的科学が知識の分析を扱うことを確立します。特に科学的知識に関しては、分析の構造と仮説の生成を備えた、測定可能な方法とリソースを備えた、定義された研究対象を持っています。

知識に対する人間の関心は、理性を利用して、技術的、文化的、政治的、社会的、経済的、そしてあらゆる種類の進歩を生み出すことができるため、存在してきました。これは、人間が自分を取り巻くものを知るようになる方法を理解することへの関心が構築された場所です。これが自然の産物であるか、彼自身の創造の産物であるかは関係ありません。人類の歴史における知識の性質、その習得、その必要性、そしてその永続的な発展などの質問は、認識論にとって不可欠です。古代ギリシャ人にとって、知識の探求は人間の幸福と完全な満足の探求を意味しました。

この意味で、認識論は最初から知識などの要素で機能してきましたが、それらはすべて知識の生成に厳密に関連しているため、真理、信念、正当化の概念でも機能していました。