コーヒーブレイクの定義

英語のコーヒーブレイクという用語は、一部の社会活動(会議、作業会議、またはその他の種類のイベント)での休憩時間を指すために使用されます。コーヒーブレイクのアイデアは、参加者が軽食をとることができる短い休憩を作ることです。おやつに関しては、ペストリーと一緒にコーヒーを飲むのが最も一般的ですが、お茶やジュースなどの飲み物やその他の種類の軽食も含まれる場合があります。後でそれを延長するための活動の中断です。コーヒーブレイクは、おやつと休憩の時間として機能すると同時に、参加者がリラックスしてリラックスした方法でチャットできる瞬間として機能し、実行するアクティビティから切り離されます。

コーヒーブレイクをスナック、ブレイク、またはコーヒーブレイクと翻訳できるのであれば、スペイン語で話すときにこの用語が使用されるのはなぜか疑問に思うかもしれません。私たちは2つの可能な答えがあることを理解しています。一方では、この用語の正当かつ合理的な使用、他方では、不適切かつ不適切な使用。

コーヒーブレイクという用語の使用はいつ意味がありますか

状況によっては、この概念を使用することは非常に理にかなっています。たとえば、国際会議、ホテルの情報パネル、または活動プログラムを計画するときです。同様に、一部のホテルでは会議室が貸し出されており、クライアントのニーズに応じて、コーヒーブレイクの有無にかかわらず価格が変動する可能性があります。この種の状況では、コーヒーブレイクという用語を使用するのが論理的です。これは、すべての人に理解されている国際的な名前だからです。チェックイン、チェックアウト、到着、出発などの言葉が使用されている空港の用語でも、同様のことが起こります。

コーヒーブレイクという用語の使用が不適切なのはいつですか?

英語での用語の使用が増加している現象であることは否定できません。ただし、状況によっては、それらを使用することは不適切です。これは、言語の退化と、存在しない言語であるSpanglishの段階的な作成を意味するためです。したがって、2人の同僚がコーヒーを飲む場合、彼らがコーヒーブレイクをするということは不適切です。

私たちの言語での英語の侵入

日常生活での英語の侵入は、私たちが気づかずに少しずつ英語を話し、非常に独特な話し方をしているため、ある種の危険をもたらします。「私はビジネスをするつもりだ」と言ったり、ワークショップの代わりにワークショップを使用したりするのは意味がありません。私たちはすでにスペイン語と英語の混合物をかなり頻繁に使用しているので(高い地位、感情を持っている、パンティーを着用している、またはファッションスタイルについて話している)、英語で話すのが適切かどうかの基準を持っていると便利です。

写真:iStock-nattstudio / eli_asenova