導電率の定義

導電率とは、一部の物体、材料、または要素に存在し、それらを介して電気または熱を伝導できるようにする物理的特性を示す名前です。つまり、電気や熱を伝導する材料には、電流が自由に流れるようにする機能があります。

さて、この伝導能力を決定する基本的な条件があります。それは、分子および原子構造、この物体または材料が提示する温度、およびその他の特定の特性です。

一方、導電率の面では、金属は、それを容易にする原子構造のおかげで電気の高い伝導性のために、間違いなく際立っています。

伝導メカニズムは、物質が存在する状態に関連して変化することに注意する必要があります...たとえば、固体の場合は方法論が同じではなく、液体の場合は方法論が同じではありません。 。

液体元素には、導電率を決定する塩が含まれています。それらは溶液の瞬間に見られ、その液体が電界の影響を受けたときにエネルギーを伝達する役割を担う正イオンと負イオンの両方を生成します。この意味での導体は、一般に電解質として知られています。

固体材料では、電界にさらされると、電子のバンドが重なり合い、前述の電界に遭遇するとエネルギーを放出します。

そして、熱伝導に関しては、正式には熱伝導率について話します。熱を伝導する特別な能力を持っている体があります。それは基本的に、その分子から近くにあるが直接接触していない他の分子に運動エネルギー(その動きに適した)を伝達する要素または物質で構成されています。