幾何学図形の定義

幾何学図形は、その構成要素が点(幾何学の基本的なエンティティの1つ)であることが判明したセットです。一方、幾何学は、その主な特性(形状、拡張、プロパティ、およびそれらの相対位置

幾何学的図形は、点で構成される空でないセットとして定義され、幾何学的な場所は、平面または空間のいずれかで線または表面によって閉じられた領域であると理解されます。

幾何学的図形は、要素が点である空でないセットです。幾何学的な場所として理解されるこれらの図は、平面または空間内の線または表面によって閉じられた領域です。さて、数学や幾何学は特にこれらの人物を好意的に研究し、これらの分野の研究の対象ですが、芸術作品を専門知識で説明できるようにするためにはそれらについての基本的な知識が不可欠であるため、芸術に関する知識も必要になります、それを計画するか、技術的な図面を作成します。

私たちを取り巻く世界である自然を観察するという事実だけで、前述の自然と共存する物体の中で最も多様な形態の存在と存在を確認することができ、それから私たちはアイデアボリュームを形成しています。 、面積、線、点。

人が何年にもわたって直面しているさまざまなタイプのニーズにより、彼は、たとえば、構築、移動、または測定を可能にするさまざまな技術を考え、研究するようになり、このようにして、さまざまな幾何学的図形を使用して人になりました。

初歩的な幾何学図形

最も基本的な幾何学図形は次のようになります:平面、点、線、一方、それらのコンポーネントの変換と変位の結果として、それらは間違いなく研究の対象である異なるボリューム、表面、線を生成しますとりわけ、幾何学、トポロジー、数学。

前述の図本これらは5つのタイプに分類される機能に応じて:三次元ポイント。一次元、線(光線とセグメント)および曲線;二次元、平面、境界面(多角形、三角形、四辺形)、円錐形のセクションには、楕円、円、パラボラ、ハイパーボラが含まれ、表面(規則的な表面と回転面、3次元、次のようなものが見つかります)を記述します。ボリューム、多面体、およびボリューム、回転体、円柱、球、円錐を表すもの、およびポリトープのようなN次元を区切ります。

たとえば、四角形と三角形は、ボリュームを区切る立体幾何学図形であることがわかります。

三角形と正方形、卓越した幾何学的図形

三角形は、最も有名で人気のある幾何学図形の1つです。基本的には3辺からなるポリゴンです。前述の三角形の図は、3つの非整列点で交差する3つの線の結合から得られます。一方、線が結合できるこれらの各点は頂点と呼ばれ、構成されるセグメントは頂点と呼ばれます。サイドと呼ばれます。

この幾何学的図形を、その​​角度の振幅(長方形、鋭角、鈍角)、辺の長さ(正三角形、二等辺三角形、不等辺三角形)によって分類する方法はいくつかあります。

その一部として、正方形は卓越した幾何学的図形のもう1つです。これは、4つの等しく平行な辺で構成されるポリゴンであり、その角度はすべて90°であり、これらが際立った特徴です。