社会学の定義

人々の間、そして人々と社会の間の関係を研究する卓越した社会科学

社会学は、個人と人間社会の枠組みの中で個人を規制する法律との間の関係の研究を扱う卓越した社会科学です。

その研究対象は基本的に社会集団であり、コミュニティの枠組みの中でさまざまなタイプの人間関係に一緒に住む個人の集合として理解されています。次に、社会学は、彼らが提示できる組織のさまざまな内部形態、それらの構成要素がそれらの間で維持する関係、およびそれらが挿入されるシステムとの関係、そして最後にそれらが存在する社会構造に存在する結束の程度の分析を扱います。一部です。

社会によってマークされた男性およびその逆

男性は、その構成要素の行動とその運命を示す特定の社会に生まれます。なぜなら、その影響において、男性はそのメンバーに価値観、行動の仕方、信念を植え付けるからです。しかし、彼が行うそれらの動きを持つ人はまた、社会自体に影響を与え、有名な社会の変化を引き起こします。

産業革命やフランス革命は、社会に強い痕跡を残した最も顕著で関連性のある変化の一部でした。

社会へのミレニアル世代の関心が、オーギュストコントは正式に社会学を発展させます

しかしもちろん、今日、社会学はすでに科学であることを具体的に知っていますが、社会学がそのようになるずっと前から、それを指定する名前があったので、すでに説明が行われ、さまざまな人々が研究されていました、関係そのコンポーネントがお互いにそして彼らの習慣で維持されたこと。たとえば、思想家のヘロドトスは、紀元前5世紀にすでに、さまざまな人口とそのより伝統的な関係について具体的かつ完全な研究を行っていました。

しかし、質問が形式化されるまでさらに数世紀待たなければならず、誰もが社会学を卓越した社会科学として語っています。

一方、19世紀に実証哲学のコースを発表したときに、私たち全員が今日持っている社会学の概念に最終的な形を最終的に与えるのは、哲学者オーギュスト・コントです

それから、社会学の名前を付けたのは、研究の焦点が社会的出来事であった科学を呼ぶためにコンテでした。観察はそれを分析する方法として導入され、それを通して社会面で発生するさまざまな現象を特定し、それらから対応する理論と法則を定式化することができました。

結果として、コンテが社会構造を研究するために課した方法は、自然科学が使用していたのと同じであり、彼はそれを社会物理学と呼ぶことも好きだったということです。

社会学が完全に自律的な科学として統合されるのは、言及された世紀の半ばになってからです。そしてその後、次の世紀、20世紀に、関心のあるさまざまな社会学的問題に関する特定の視点を提案するさまざまな学校や流れが現れ始めました。

パラダイム

主な社会学的提案またはパラダイムの中には、機能主義(社会制度が社会のニーズを満たすために明示的に共同開発された手段であることを確認する)、マルクシズム(社会紛争理論の絶対的な作成者)、シンボリック相互作用(シンボリックな性質を強調する)があります社会的行動の)、構造主義(社会構造を強調する)およびシステム理論(社会を社会システムと見なす)。

アプローチ。学習方法

社会学は2つのアプローチで研究することができます。定性的アプローチは、状況、行動、人々の詳細な説明を想定し、必要に応じて、一人称での参加者の報告を含みます。一方、定量的なものは、数値で表現できる特性と変数を意味し、統計分析を通じて可能な関係を見つけることもできます。

一方、社会学は、その行動、政治、教育、都市、芸術、宗教、産業などの分野にさまざまな分野を持っています。

一方、適用される方法には、さまざまな手法やツール、前述の観察、調査やインタビューによるデータ収集が含まれ、最終的にこれらすべてがグラフに反映され、研究の側面または焦点の統計的傾向をマークできるようになります。

そして最後に、一方では国家レベルまたは超国家レベルでの社会関係の分析を扱うマクロ社会学の社会科学内の部門について、他方では個人と影響力との相互関係を解釈するミクロ社会学について話さなければなりません。それらの社会分野。