灯台の定義

灯台は海岸またはその近くにある背の高い塔で、船の航路が配置されています。上部には非常に強力な光源があり、その使命は夜間に船員を旅行中に案内することです。 、灯台の主な機能はガイドの機能です。

前述のランプにはフレネルレンズがあります。フレネルレンズは、大口径と短焦点距離が特徴で、幅、色、間隔は問題の灯台によって異なります。

灯台が暗闇で作動している間、前述のランプは360度回転する光線を放射します。そして、船の距離から、灯台の光だけでなく、灯台の色や光線の間隔も可視化します。

一方、一部のヘッドライトには、ライトに加えて、霧が濃い日には光が感知されない場合に警告音を発することができるサイレンシステムがあります。

GPSなどの新技術の多くは、灯台の実体にとって少し重要性が低下していますが、特にブイを参照してナビゲートし続けるアクセスチャネルなどの制限された水域では、同じ有用性を維持し続けています。とグラウンドライト。

灯台はローマ時代から有名で便利な要素であり、アレクサンドリア灯台が記憶されています。この文明でさえ、前述のアレクサンドリアの灯台を模倣した非常に高い塔を港の入り口に建てる方法を知っていました。19世紀には、前述のフランスの物理学者Agustin Fresnelの発明により灯台の品質が大幅に向上しました。現在、ヘッドライトはリモートで自動的に操作されています。

稼働中の最古の灯台は、ガリシアのラコルーニャ半島にあるTorredeHércules灯台です。その高さは68メートルで、1世紀にさかのぼり、唯一立っているローマの灯台です。

そして、この言葉の他の使用法は、車が道路上の道を照らすために前に持っている各ライトを指すことです。