不信の定義

不信は信頼の反対であるため、この概念は信頼欠如を指すために使用されます。

何かまたは誰かへの信頼の欠如

不信感は、誰かが将来とる可能性のある行動に対する不安を意味するため、人間の否定的な感情と見なすことができます。

さらに、それはそれを支持する人から生じ、決して他人に依存しない、絶対に意識的で自発的な態度です。

信頼とは、誰かが別の個人に対して、または何らかの問題、たとえば、それが機能することが完全に確実であるプロジェクトまたは計画に対して感じている、または持っている完全なセキュリティまたは確固たる希望です

社会心理学と社会学が私たちに語っていることによると、信頼は、人が与えられた状況で特定の方法で行動することができると推定する何よりも信念です。

私はマリアに絶対的な自信を持っているので、私はマリアに真実を話しました。」

一方、信頼は、問題の人が展開しているアクションに応じて増減する可能性があります。それで、上記の例をとると、マリアが私が彼女に言ったことについて黙っていた場合、将来、彼女は秘密を守る方法を知っているので、秘密を打ち明けるように彼女に頼りますが、そうでない場合は、明らかに、私たちは彼女にそれ以上何も言わず、それを信頼するのではなく、私たちはそれを不信にする傾向があります。

信頼は時間の経過とともに構築され、あなたに有利な前向きな兆候が見られます

これは、人との関係が時間の経過とともに、そしてもちろんそれをサポートする適切なサンプルと表現によって構築されることを意味します。たとえば、前の例で指摘したように、友人が私たちの自白を受け取り、それを絶対的な予備として保持するとき、これは彼女への私たちの信頼を高めることに貢献します。

不信感は、ほとんどすべての人間が人生で経験する感情です。誰かにだまされたり、だまされたりした直接の結果として生きているのかもしれませんし、そのような感情が私たちの行動、存在、考え方の一部であるために不信感を感じているのかもしれません。

不信感が私たちの性格の一部であり、社会生活を複雑にするとき

この絶え間ない不信は、この点で悪い経験をしたかどうかに関係なく、他のすべての人をひどく考えさせます。つまり、私たちはすべてを不信にし、栄養、フレーズ、外観、または任意の行動の有無にかかわらず、すべての人が十分です私たちが肉体の何かや人に不信感を感じるために。

もちろん、この質問は、社会的相互作用、友達作り、カップルの形成などに関しては大きな敵であることがわかります。なぜなら、私たちが誰かに近づいて彼らに話すと、いつもあなたに思わせるような考えがあるからです。彼らは私たちに対してそれを使用することができる親密さ。そして、これは明らかに、長いか短いかで、私たちが着手した関係を複雑にすることになります。

ですから、人が不信感を抱く傾向があると、基本的にはすべての人を不信感を抱くため、社会的関係を維持し、新しい関係を築くことは困難になります。

不信感は、おそらく存在しないものを私たちに見させ、明らかに私たちを社会的に撤退させ、これは主な結果として社会的孤立をもたらすでしょう。

友情とパートナー関係の確立と維持に関しては、間違いなく大きな敵です。

他者への信頼がなければ、特に私たちを疑うものが何もないとき、私たちの友人、私たちのパートナー、私たちの親戚と幸せになることは非常に難しいでしょう。

これは一人一人の経験から変えることができますが、自信のある性格があれば自尊心が高くなり、相手の欺瞞に絶えず脅かされていると感じる余地がない場合が一般的です。 、つまり、不信感。

多くの人は、自信の失敗を繰り返し受け、だまされた場合に通常は恒久的な警告を発して生きる場合に、防衛機制としてそれを使用することができます。

私たちは通常のレベルで警戒し、すべての絶対的かつ完全な自信の反対側に行き渡らないことをお勧めします。中間点は常に人生のすべての態度でより良いです。