会社法の定義

会社法は、法律の観点から企業とそれに関連するすべてのものに焦点を当てた法律の分野です。つまり、さまざまなクラスの企業、企業と消費者の関係、課税または商業契約の分析です。

歴史的な観点から、会社法はローマ法に由来します。ローマ法では、ビジネスまたは商業活動に影響を与える一般原則がすでに存在していました。自分のビジネスを支持する立場)。

会社法の専門家は、民間部門または公共部門で、国内または国際的なビジネスに関連して働くことができます。

会社法の分野

この法律部門の専門家は、法的な観点から会社のイメージを調査および分析するよう依頼される場合があります。したがって、エンティティのさまざまなメッセージの内容(広告、プレスリリース、または会社のアイデンティティの実行可能性)を調査します。

各企業は、その利益と事業戦略に応じて異なるタイプの企業に形成される可能性があり、そのために最も適切な法的形態を選択する必要があります(個人の起業家として、コミュニティ資産で、市民、集団、または匿名の社会としてまたは有限責任会社)。

営利企業では、管理者の種類(単独管理者、共同管理者、共同管理者)に応じて、当該事業体の管理者の責任を確立する必要があります。

商業契約の選択も企業のダイナミクスの鍵であり、会社法の専門家は状況(購入契約、商業リース、保証契約など)に応じてどれが最適なタイプの契約であるかをアドバイスする必要があります。

すべての営利企業は、会計活動を補完するものとして企業の帳簿を保持する義務があります。その意味で、理事会には議事録や会期図書があります。

国際会社法

事業活動には国際的な予測があります。これには、国際会社法を知っている法律専門家の介入が必要です。これらの専門家は、為替法、証券法、海事法、および税関活動、ロイヤルティ、電子商取引に関連する法的な問題など、非常に多様なトピックに関するタスクを実行できます。