法制度の定義

法制度とは、活動を組織化するための一連の法的なガイドラインです。これらのガイドラインは、国家の権力に基づいており、特定の手順に基づいているすべての法律または規制である法規範で指定されています。法規範の一般的な目的は、生活のある側面(ビジネス活動、カップル関係、または個人の関係)を規制することです。

言い換えれば、社会の各領域は、一種の法制度に配置されています。この意味で、行政、外国貿易、移民、後援、労働活動、データ保護など、非常に多様な問題の法制度について話すことができます。各地域またはセクターで法的な保護の欠如がないように、社会的地域は法制度の対象とならなければならないと考えられています。

論理的には、法制度の概念は、社会の領域に影響を与える施行されている法律に依存し、特定の問題に関連する法律がない場合は、法的な空白を回避するために確立された法学が適用されます。

法制度の一般原則

ほとんどの国の法制度では、法と法が法制度の本質的な側面であることが確立されています。これは、合法性の原則が社会の生活を支配する基本的な概念であることを意味します。

企業の法制度

各企業は、その量、セクター、または商業戦略に関して異なります。これらの状況により、特定の法制度の範囲内で各企業を構成する必要があります。会社の適切な機能を保証するには、いずれかの法的形式の選択が不可欠であり、評価する必要のある非常に多様な側面があります(課税、関係者、または会社を構成するパートナーの責任)。

人が観察する最も典型的な体制

ビジネスの世界で最も一般的な法制度は次のとおりです。不動産のコミュニティ、有限会社、株式会社、および共同パートナーシップ。これは、会社が特定の目的、ならびに権利と義務のために独自の法人格を持っていることを意味します。このため、事業を開始する際には、あらゆる経済情勢を評価する必要がありますが、最適な法制度を選択することの妥当性を無視してはなりません。