図の定義

これらの図は、特定の空間を占める幾何学的要素であり、本質的に同じ場所にある合流点のセットとして定義できます。フィギュアは常に自然の限界によって決定され、それは新しいフィギュアが現れることができるスペースを示すことに加えて、彼らが占めるスペースを示すものです。図形を科学的に研究および分析するには、形状、寸法、構造、空間、位置などの図形の要素を記述および理解しようとする科学である幾何学に頼らなければなりません。

幾何学的図形はさまざまな次元を持つことができるため、それらを分類して理解を整理するのに役立ちます。そもそも、あらゆる図の基本的な基盤として、私たちはポイント、卓越した無次元の図を見つけます。次に、1次元または1次元の図形である曲線があります。2次元の図形のグループには、平面三角形四角形(どちらもポリゴンのグループに属する)、円周放物線双曲線など、最も一般的な形状の大部分が含まれています。に楕円

多面体円柱円錐はどちらも立体図形です。これらの立体形状は、表面に加えてボリュームもある形状です。ポリトープは、無限の寸法を有することができるN次元の図です。

通常、私たちが図について話すとき、それらは各図の特定の形状を区切るものであるため、特にそれらの限界または線によって定義されたオブジェクトを参照していました。その場合、図はその位置や方向ではなく、周囲に依存します。つまり、三角形は、三角形の特性に影響を与えることなく、さまざまな方法で配置できます。それどころか、周囲が開いている幾何学的図形はありません。