宗教性の定義

一般的な観点から、宗教性は、精神性について考えるときに人が持っている超越の感覚を示しています。特定の宗教的教義への信仰を示す個人的な宗教的信念を通じて具体的なニュアンスを獲得するスピリチュアリティ。

この宗教には理論が含まれるだけでなく、人が持っている宗教的な考えに忠実である場合の実践も含まれます。ほとんどの場合、人々は家族の育成の文脈で子供時代にこれらの宗教的な考えを受け取ります。

宗教性は、信仰の平面を真理値として統合することにより、合理的とは異なるタイプの知識を示します。

スピリチュアリティについての考察

心理学的な観点から、宗教性は、正しいものとそうでないものを反映する人の価値観と行動の仕方にも影響を与えます。宗教的信念はまた、特定の教義に忠実である主題の個人的な良心において高い価値を持っています。

宗教性は、精神的な対話の形式であり、コードが具体的な宗教言語内で肯定的な価値を持つ儀式、祈り、儀式、または祈りを通じて、対象が神性と通信する表現の形式を示します。

超越の探求

人間は、生の意味、死、苦しみ、存在の痛み、魂の存在、生命の向こうにあるものの謎、神の存在に関連する質問を自問します。この観点から、宗教性もこれらの特定の質問に答えます。

人間と死

人間は自分が死ぬことを知っているのです。言い換えれば、彼らは彼らの存在が一時的なものであるという確信を持って生きています。この観点から、死への恐れは、答えを求めて超越を反映する人間の心の最も普遍的な恐れの1つです。宗教性は、特定の宗教的教義の義務に忠実な人による宗教の教義の成就を示します。