画像の定義

画像とは、オブジェクト、人、動物、または絵画、デザイン、写真、ビデオなどのさまざまな手法を通じて人間の目で捉えられる可能性のあるその他のものを視覚的に表現したものです

今日、そして画像の投影とキャプチャに関連する技術がここ数十年で到達した広範な開発の結果として、私たちは通過する時間を視覚的なものすべてによって支配されているものとして分類することができます。もちろん、今日のほとんどすべてが画像を通過します。もちろん、過度の視覚的栽培のこのコンテキストには、現実をキャプチャして最も近い人と共有できるという事実など、肯定的な側面があります。一方、ここでネガティブな側面が生じた場合、この状況は、反射や思考などの問題が、ビジュアルが取った痕跡に追いやられることがあるという状況を生み出しました。

一方、写真は、前述のように、オブジェクト、人物、イベントなど、考えられる問題を表現または描写するために、ほとんどすべての人が数十年にわたって使用してきた最も有名な手法の1つです

写真撮影は、画像をキャプチャすることから始まり、画像をキャプチャできるカメラオブスクラの元の原理に基づいて、画像を感光性材料媒体に保存するステップに続くプロセスの結果です。サイズを小さくするがシャープネスを高めるという明確な目的で、特定の表面の小さな穴を通して。それほど昔のことではありませんが、カメラはキャプチャした画像を敏感なフィルムに保存していましたが、これはほとんど時代遅れであり、センサーとデジタルメモリが確実に普及しました。

一方、写真の有用性は、私たちが見た現実や他の人と共有したい現実を保存して伝達するための記録として、そしてそれを示す手段として最も普及している用途の1つです。芸術を広める。そして科学研究の手段と一部として、それは動きの点で限られた人間の目では到達できない現象を登録することを可能にするので、写真が観察するもう一つの有用性です。写真やビデオが私たちに提供する画像がなければ、宇宙や私たちの惑星の外面など、いくつかの現実を知ることは不可能です。