君主の定義

君主制の政府形態では、王または女王とも呼ばれる君主は、国家元首です。公の知識であるように、この形式の政府はある種の神の介入を理解して生まれたので、その実践において、そして何よりも前の世紀において、君主は神のオーラをまとっていました。たとえば、これを信じた文化や人々は、君主が彼の戒律と決定を執行するために地球上の神の直接選挙であると想定していました。伝統的に、君主であった人は誰でも相続によってその地位を受け取り、死または他の不可抗力が時期尚早にそれを終わらせるまで、それを永久維持します。

しかし、これは古代の現実でした。なぜなら、現代の君主制では、王の地位は、継承、地位の永続性、豪華な城や宮殿に住み、他の人々によって維持されているなどの問題では変更されていませんが、人々またはプレブ、過去に人々が呼ばれていたように、神性の問題は徐々に相対化され、今日の君主制はむしろ外部および内部の代表の機能を行使しますが、留保されている国家の決定の問題に介入することはありません首相と議会のために。