ひし形の定義

最も一般的で広く使用されている幾何学的図形の1つとして知られている菱形は、四辺形(つまり、4つの辺を含む図形)の平行四辺形(つまり、互いに平行な2対の辺がある)として説明する必要があります。ひし形は、正方形またはわずかに傾いた長方形として見ることができます。

無限に曲がるという考えで

この幾何学的形状に付けられた名前は、菱形という用語が無限に回転する形状を指すギリシャ語と関係があります。

ひし形はどのように構成されていますか?

他の四辺形と同様に、ひし形はその周囲を形成する4つの閉じた側面で構成されています。これらの4つの辺の長さは常に同じです。なぜなら、それらのいずれかが他の辺と最小の違いを示した場合、菱形ではなく菱形について話しているからです。これらの4つの辺は、2つの辺が交わる頂点に接触し、垂直な2つの内部軸または対角軸を形成します。ひし形の4つの頂点または内角は、線が傾斜していて互いに垂直ではないため、90度ではありません。

構築における並列性の存在

ひし形を特徴付けるもう1つの重要な要素は、2対の辺の間に平行性が存在することです。したがって、2つの反対側は互いに平行ですが、それらの間の距離は、ひし形のタイプによって異なる場合があります。

ひし形は、正方形や三角形とともに、分析する最も一般的で単純な幾何学的形状の1つです。これは、すべての辺が互いに同等であり、したがって、角度の合計と対角線を確立する方法が常に同じであるためです。