ドライバー教育の定義

交通教育は、公道を旅行する個人の保護と世話を最終的な利益とする習慣と実践の教育に基づくその種の教育であると理解されています。

公道での循環における健康的な習慣の教育とそれは致命的な事故を避けることを目的としています

交通安全教育の要請に応じて、都市の道路、道路、ルートの正しい交通を規制する規則、およびその主要なアクター、ドライバー、歩行者、サイクリストなどのそれぞれが開発しなければならない責任ある行動。

主な目的は、交通を注文し、死者を出す事故の連続を回避することです。

残念ながら、交通事故は、教育と交通の責任の欠如の結果として、世界のほとんどで増加しています。

たとえば、ドライバー教育は、マスメディアでの運転コース、運転免許試験、意識向上キャンペーンの監督を通じて、政府によって促進され、教えられるべきです。

違反、信号、安全なツールに関する正確な知識を通じて、通りを歩くすべての関係者の安全を促進します

車の運転、道路標識の知識、生命を保護するために使用される要素と装置、犯すことができる違反とそれらに与えられる罰則の知識、公道の交通で禁止されていることなど、いくつかの側面をカバーしています。 、他の問題の中でも。

交通安全教育には、毎日路上で発生する事故や事故から発展した理論的遺産があります

この理論は主に、さまざまな車両の適切な共存、特定の現象が存在する場合のそれらの取り扱い、および通行人の幸福のプライマリケアに関連しています。

交通安全教育の主な目的は、車両の通行を整理して整理するだけでなく、車両の事故による死亡者を減らし、国民全体の幸福を確保するためのツールを提供することです。ただし、交通安全教育の一部の要素は、基本は同じですが、国ごとに変わる可能性があります。

これは、これらの車両の取り扱いに関する理論的知識に基づいています。たとえば、特定の状況での行動方法や特定の場合に従う規則(たとえば、シートベルトの使用、信号機の尊重、歩行者への道のり)などです。歩行者専用道路が存在する交差点など)。これらの規則は、一般的に整然とした書面で確立されているため、推測や各個人の個別の決定の余地はありません。

同時に、交通安全教育には、より多くの情報を追加するのに役立つ実用的なツールがあります。これは、通り、高速道路、または輸送ルートに沿って配置され、通知、禁止、警告などの特定の情報を暗示するポスター、標識、および記号について話すときです。

この種の教育で使用されるシンボルやポスターは多種多様であり、それらのほとんどは赤、黄、青などの明るい色で作られています。

一方、ドライバーが安全のために持っている要素の知識は、ドライバー教育の基本的な内容の1つでなければなりません。その中で、シートベルトは特に際立っており、その要素は運転席と同乗者の両方のすべての車両に存在します。

ベルトの目的は、乗員の動きを制限し、衝突時に車内の他の物体にぶつかったときに怪我をしたり、車から投げ出されたりするのを防ぐことです。

ドライバーの安全にとって重要な他のアイテムは、ヘッドレスト、バックミラー、消火器です。

そして、サイクリストとモーターサイクリストの側では、交通安全教育は保護用ヘルメットの使用を強調する必要があります。