貿易の定義

コマースという言葉は、私たちが私たちの言語で定期的に使用する用語であり、経済活動、特に売買に関連しています。

市場で商品を売買し、そのような行動で利益を得る事業

いくつかの用途がありますが、間違いなく最も普及しているのは、市場の要請により、製品、商品、サービスなどを販売、購入、または物々交換するときに誰かが実行するビジネスを参照できるものです。そしてそれらを通して経済的利益を達成するという使命を持って

示された交換は、同じ金銭的価値を持つ何かと引き換えに何かを配達すること、またはそれを怠ると、売り手が問題の物に割り当てる特定の価格の支払いを伴うことに注意する必要があります。

起源と歴史

貿易の起源は本当に千年紀であり、新石器時代の終わりにまでさかのぼり、農業は男性間の最初の交換の問題になるでしょう。なぜなら、活動が完了し、収穫が豊富で、残骸を残すほどだったからです。余剰分は生産者によって他の価値と交換され始めました。

その後、物々交換は通貨導入に置き換えられます。

社会の進化は、より収益性の高い代替案の探求につながりました。また、この社会の進歩が起こるにつれて、そのメンバーのニーズは高まり、商業だけがすでにそれらを効率的に満たすことができました。

コマースは間違いなく、昨年の多くのコミュニティが見つけた拡大と成長の手段であり、確かにその場所から遠く離れた地球上の場所で製品を販売していました。

もちろん、この事実は輸送の発展を促進しました。もちろん、ある場所で生産された商品を別の離れた場所にうまく配達する必要があったため、輸送はその表現、海事、土地などすべてにおいて改善されました。 、遠隔地を接続することができ、この貿易から生計を立てている町や都市のネットワークを生成する厳密に商業的なルートを作成することができます。

金融システムが登場すると、商取引が促進されます。

貿易クラス

卸売業(買い手が最終消費者ではなく、別の商人または会社であるという事実によって特徴付けられる)、小売業(この場合、買い手が製品の最終消費者であるという事実によって特徴付けられる)、国内貿易など、さまざまな種類の貿易があります。(同じ国に属する個人間で確立されるものです)、外国貿易(異なる国に居住する個人または企業間で発生します)。

尊重されるべき商人と規範

商取引の活動に専門的に従事している個人は、一般に商人として知られています。

商法は、契約する法的権限を持ち、自ら商業行為を行い、それに応じて通常の職業を行使する人々を商人として認めています。

商品を売買するのは人であり、商品を製造してから最大または最小に販売する人でもあります。

商人のビジネスは、原価で製品を取得することで構成され、次に彼は彼の利益のためにマージンを追加し、したがって一般への販売価格が構成され、合計が彼の利益になります。

すべての商人は、商法が規定するものに従わなければならないことに注意する必要があります。

その中で、次の点が際立っています。対応するレジストリに開発され、さまざまな商工会議所によって管理されている活動を合法的に登録します。法律によって規定され、実施された活動に関連する地方自治体の認可を指定する。活動によって確立された税金を支払うことができるように、対応する徴税エンティティに登録します。法律で義務付けられている会計帳簿を最新の状態に保ちます。売上を記録するために、購入の請求書を消費者に送付します。そして最後に、競合他社に対して不公平または不正ではない非の打ちどころのない倫理的行動を取ります。

それが取引されている施設

一方、施設は貿易、つまり前述の交換が行われる物理的な場所としても指定されます。

また、この単語は、取引アクションとその結果を示します

一方、取引には、商品の売買や利益達成を目的とした交渉が含まれます。

また、一連の商業施設、および経済のこの分野に専念している個人は、通常、一般的な方法で商業と呼ばれます。「商業部門は、政府が最近取った経済対策によって大きな打撃を受けました。」

また、状況や状況によっては、この言葉が否定的な意味合いに起因することを無視してはなりません。これは、麻薬やその他の製品の販売などの違法なビジネスを指しているため、または秘密裏に適切な許可なしに行われているためです。 。