規律の定義

社会のあらゆる分野で秩序があるためには、何が許可され、何が許可されないかを決定する一連のガイドラインとルールを確立する必要があります。言い換えれば、規律。

それには、特定の善や目的を達成するために、つまり、私たちがどれほどの忍耐力や強さを持っていても、人生の目標を達成するために、秩序だった忍耐強い行動の実施が含まれます。これを達成するためには、より具体的で、きちんとした、シームレスな方法でそれを達成するために私たちを組織する個人的な秩序を持っているか、持っていることが不可欠です。

これは、概念の一般的な特徴の観点からですが、規律の概念は、学術分野で広く使用されている用語であり、この文脈では、学校の規律の名前を取り、遵守しなければならない行動規範です。両方の生徒が教師であり、それはどの学校の規則でも規定されています。学校は、さまざまな社会階級や経験から来た個人を統合する社会的アクターであるため、秩序と適切な機能を保証する組織化された規律システムが必要です。

規律対無秩序

学校の活動、仕事、軍事施設、または車両の流通には共通点があります。これらすべての分野で、人間関係を促進し、起こりうる紛争や望ましくない状況を回避するために尊重しなければならない懲戒基準があるからです。規律に代わるものは、論理的には、無秩序、不確実性、無秩序です。

懲戒制度を尊重しない人は、何らかの形で是正しなければならない問題のある状況を作り出します。それが学校の小さな子供であるならば、彼はおそらく彼のしつけのためにわずかな罰を受けるでしょう。犯罪行為が行われた場合、懲戒処分は深刻であると見なされ、投獄につながる可能性があります。

なぜ懲戒規則が施行されるのですか?

懲戒制度に関しては、2つの可能なアプローチがあります。一方では、それが自分の義務であると確信し、それが合理的なものであると考えるので、誰かがそれに従うことができます。一方、誰かがその内容や目的を信じているからではなく、それを尊重しないと何らかの制裁や罰を恐れているからです。

書かれたルールと書かれていないルール

特定の活動では、一連の特定の規則を遵守する必要があります。そうでない場合は、書面による文書に含まれているある種の懲戒処分を想定する必要があります。これは、交通規制、スポーツ規制、または一般的な法制度で起こることです。

書面によるルールがない活動もありますが、その中でも規律モデルが課せられています。親は書面による規則を確立していないので、これは子供の教育で起こることですが、子供たちが善と悪を区別する方法を知っているように、彼らは懲戒ガイドラインを課さなければなりません。

用語の他の意味

規律という言​​葉は、一般的な活動のいくつかのサブセクションを指すためにも使用されます。この意味で、陸上競技、工学、芸術または哲学は、特定の分野または分野に分けられます。一方、いくつかの型破りな性的慣行は、いわゆる英語の学問の場合のように、学問として知られています。最後に、個人的または職業的活動を効果的に組織化するための規則のシステムを自分自身に課すとき、人は懲戒処分を受けると言われています。