倫理の定義

倫理は、人間の道徳と行動を研究することを目的とする科学です。正確な倫理のおかげで、誰かが立派であるか腐敗している、忠実であるか価値がないか、何が良いか、何が悪いかを知っています。これは、人々、行動、または状況の道徳的評価を提案するものであり、したがって、これが私たちの行動と、特定の時間に行動する方法についてのガイドを取得する必要があるときに表示される行動をガイドします

倫理の起源と研究は、偉大な思想家がいるギリシャの黄金時代にまでさかのぼります。たとえば、当時、プラトンは共和国と呼ばれる政治に関する彼の有名な論文を書き、アリストテレスもこれに関して彼のことを行い、ニコマコス倫理学と呼ばれる倫理に関する最初の論文を生み出し、すべての人間が幸福または幸福の倫理を見つけます。

一方、この概念は後に、古代のビジョンとはまったく異なるビジョンを提案した他の哲学者によって広範に扱われました。たとえば、道徳は理由によってのみ支配できると主張したイマヌエル・カントの場合です。

一方、倫理は、生物倫理、ハッカー倫理、革命的、カンティアン、経験的など、いくつかの分野に細分されますが、専門家の世界で最もよく知られている最新のアプリケーションの1つを扱います。規範的倫理の一部であり、道徳基準の研究と各分野の専門家が従わなければならない義務の基礎を扱う倫理の分野である専門のデントロジーとして:法律、医療、ジャーナリズム、そして彼らは職業を規制および規制し、もちろんこれらの専門家のいずれかの側に非倫理的な行動がある場合にもマークするデントロジカルコードで維持されている仮定の観察を通じてそれを達成します。

医師、弁護士、ジャーナリストなどの専門職では、それらを開発するために必要な関連する学術訓練に加えて、倫理から逸脱した行動の観点からも説明することが非常に重要です。生命と同じくらい貴重なものは、医学の場合、そしてそれを保存する責任がある場合、将来の頭痛やより劇的な損失を避けるために、すでに大学からこの意味で粉砕される必要があります。