義務の定義

義務という用語は、特定の道徳的または倫理的義務を暗示する活動、行為、および状況を指します。一般に、義務は、出身、民族、年齢、生活条件に関係なく、すべての人間が平和に、尊厳を持って、一定の快適さで生きる可能性を保証するために果たすべき特定の態度に関連しています。したがって、義務は、すべての法制度と国の憲法の最も重要なポイントの1つです。なぜなら、義務は、コミュニティの形態と、誰もが自分の権利に平等にアクセスできるよりバランスの取れた社会を実現することに関係しているからです。

私たちが義務について話すときはいつでも、道徳的、経済的、社会的、政治的であろうと、何らかの形で何らかの義務に言及します。義務は社会で暗黙的または明示的に確立することができ、これは各コミュニティの特定の習慣と、同じコミュニティの存続の概念と関係があります(義務は最も一般的な条件の永続性に関連していることが多いため)。そのようなコミュニティの発展のために)。多くの場合、税金の支払い、道路の規則の尊重、政治への参加、一定レベルの識字率の遵守などの現代の義務は、すべての社会に常に存在していた伝統的な法律や義務に追加されます。

義務は法律の反対側であることに注意する価値がありますが、特定の権利を得るには、たとえば、私たちが働かなければならないものを購入したい場合など、一連の義務を果たさなければならないため、彼らは密接な同盟国でもあります。現在の規制、慣習、宗教的規範、または道徳的義務などによって義務付けられているため、私たちは常に義務を負っています。

私たちが定められた義務を遵守しない場合、最も深刻な場合には、罰金を支払うか、刑務所に行くなど、強制的に罰せられます。

一方、道徳的義務の場合、後悔が現れたときに私たちを判断するのは私たちの良心です。

したがって、義務の最も重要なポイントの1つは、それらが権利の概念にリンクされている瞬間です。通常、ある人の義務を果たすことは、別の人の権利を尊重することと関係があると見なされます。したがって、社会の構成員が秩序正しく組織化された方法で共存できるように、両者は関連しており、同じように不可欠です。義務と権利の対比は、社会を構成する個人の一人一人に固有のものです。

私たちの義務と権利に注意してください

与えられた法制度において、その一部である個人が彼らの義務が何であるか、そして彼らを統治する規則に基づいて彼らの権利が何であるかを完全に知っているとき、義務と権利の認識があります。この認識がなければ、それらの権利と義務は書面で不滅にされ、そこにとどまる可能性があります。

しかし、間違いなく、良心が活発で社会生活に基づいている場合、存在する場合の紛争を解決するのははるかに簡単であり、たとえば、長くて面倒な紛争に達するのを避けることができます。

したがって、一方の当事者が他方の当事者に義務があることを意識的に知ってそれを履行する場合、彼は彼の義務を履行することを知っているので、他方の当事者が彼に何かを要求する必要はありません。もちろん、この状況は、社会の調和と平和の共存に直接かつ効果的に貢献します。

さて、上記が満たされるためには、原則として規範を知っている上で、3つの要素の存在が必要です。つまり、誰かがこれまたはその規範を知らない場合、彼らがそれを実現することは本当に不可能です、観察してくださいそれ。一方で、時間の経過とともに続く社会運動も必要であり、その間、規範を効果的に遵守する必要があります。そして最後に、規制の遵守の監視を担当する組織の存在が必要です。特に、規制が存在せず、規制を遵守しない傾向がある場合はそうです。