ジャンクフードの定義

ジャンクフード、脂肪、塩、砂糖、調味料、添加物がかなりのレベルで含まれている食品として広く知られており、そのような成分の場合、ほとんどの人の味覚にとって魅力的な食品になります。

高レベルの脂肪、添加物、糖分を含み、外出先で食べられ、美味しくて速いために選ばれた食品

一方、これらの食品は、高用量の塩分と脂肪を含むことにより、同時に、それらを消費する人々において、それらの消費に対するより大きな需要を生み出す、すなわち、それらは中毒を引き起こし、そしてまた、大量の消化塩によって生成される喉の渇きを癒す飲料に対する高い需要もあります。

通常、この食品に関連する飲み物、つまり、ソフトドリンクと組み合わせて販売されます。これは、特に糖度が高いため、定期的に大量に摂取すると健康に害を及ぼします。彼らは、同じ飲み物のもう一つの特徴である、それらが含むガスのために彼らが生み出す膨満感と重さは言うまでもなく、彼らの処方を誇示します。

ジャンクフードとしても知られているジャンクフードは、その低コスト、迅速なアクセスと準備の結果として、地球上で最も普及している食品の選択肢の1つになっています。つまり、ジャンクフードを大規模に生産する商業施設があり、注文して非常に短い時間で食べる時間があまりない人。

間違いなく、多くの人々の生活の中で繰り返される問題である時間の不足により、人々はますますこのタイプの食品に目を向けるようになりました。

私たちが世界の大都市に住む忙しい時代は、オフィスやオフィスから数メートルの近くにある食品店でジャンクフードを消費できることを意味するため、ジャンクフードを消費する傾向が急増しています。待つ時間は非常に数分だからです。

完璧な方程式:千を生き、食べる時間さえない人々のために、近くにあり、待ち時間はほとんどありません。

このタイプの食品の上部にあるハンバーガー、ホットドッグ、フライドポテト

間違いなくこのメティエの先駆的で象徴的な企業の1つであるマクドナルドは、コンボ形式のメニュー、ハンバーガー、ポテト、ソーダを箱に入れて注文し、5分以内にすぐに食べられるトレイに入れて受け取ります。

一方、このタイプの食品のスーパーマーケットでの販売は、家庭でも、特に繊維、ミネラル、タンパク質が豊富な他の食品を準備する時間がほとんどない場合に、ますます繰り返される食品の選択肢になります。

最初の段落に記載されている特性のためにジャンクとして指定されている食品には、前述のハンバーガー、ホットドッグまたはホットドッグとしても知られているホットドッグ、およびフライドポテトがあります。

一方で、子供や青年など、特にこの種の食品を消費する傾向がある聴衆は、彼らが持っているそれらの調味料だけでなく、それらを生産するチェーンが彼らにそれらを均一にする贈り物を提供するためにもありますもっとふりをして、それは巨大なマクドナルドの有名な「ハッピーミール」の場合です。

これらの料理を定期的に食べることによって引き起こされる健康上の問題

もちろん、フライドポテトやホットドッグと一緒にハンバーガーを完全に食べることは私たちの健康を害することはありません。

これらの料理が示す過剰な脂肪と塩は、過剰に消費され、肥満、心血管疾患、II型糖尿病、セルライト、さらには虫歯の傾向などの深刻な健康上の合併症を引き起こします。

しかし、このタイプの食品を過剰に摂取した場合の深刻な結果を特定することが重要です。前の段落で、肥満と心血管疾患である最も一般的なものについてはすでに説明しましたが、他にも同様に複雑な状態があります。認知症、倦怠感と脱力感、若者のうつ病、記憶と学習の問題など、以前のものよりも強度が低くなっています。

フライドポテト、ハンバーガー、ホットドッグなどは美味しいです。虐待せず、たまに楽しんで、定期的に健康的な食べ物、できれば果物や野菜を食べ、運動をすることをお勧めします。

これらの根深い習慣で、時々ハンバーガーを消費することに何の問題もありません。